シニア野菜ソムリエクボジュンの活動ブログ

昨年6月、長野県下伊那郡阿南町和合の鈴ヶ沢集落へ行ってきました。
その時の映像を、案内してくれた東京から和合に移り住んで約20年の吉田弓さんが編集して、YouTubuにアップ。

唐辛子研究がご専門の信州大学の松島先生と一緒に、クボジュンも出演しています!

鈴ヶ沢と言えば、信州の伝統野菜に選定されている鈴ヶ沢なす、鈴ヶ沢うり、そしてこの鈴ヶ沢南蛮と、ここのおばあちゃんによって伝統野菜がずっと守り育てられきた秘境中の秘境です。

平成26年度に実施される、南信州交流の輪主催の現地学習(講師:クボジュン)は、この鈴ヶ沢も候補に挙がっています。

クボジュンは、長野県より“おいしい信州ふーど名人”に委嘱されました。
委嘱は無報酬、活動予算もゼロ円だと言われていますが、他の方がやらなかったとしてもクボジュンは名人として目に見える活動をして、伝統野菜などこの地域の食を通じて、微力ながらも地域活性化につなげたいと思っています。

今年もまた鈴ヶ沢のおばあちゃんに会いに行きたいな。
おばあちゃんのお漬物が恋しい☆

 

南信州・飯田市上久堅小野子(おのご)地区で栽培される、甘く香り高い長人参の「小野子人参」。
クボジュンも会員として所属している有志で結成する小野子人参クラブが、遊休農地を活用して栽培に取り組んでいます。

なが~い小野子人参は、重機である程度掘ってからでないと、手で引き抜くことができません。
2014年度の最終収穫日のこの日、重機で掘り起こす前に、手での引っこ抜きに挑戦してみました☆

が、案の定(笑)

 

南信州・飯田市上久堅小野子(おのご)地区で栽培される小野子人参の収穫祭&即売会に参加。
クボジュンも会員として所属している小野子人参クラブが、遊休農地を活用して栽培に取り組んでいます。

今日は、4月から小野子人参のマーケティングについて研究している愛知大学の学生のみんなと初対面!
何度か小野子人参クラブの作業日に来てくれていたけど、日程が合わず、これまで会えずじまいでした。

なんとみんなクボジュンのことを知っていて、4月に飯田に来て以来、FBページをチェックしていてくれたり、ゼミでもクボジュンの話をしてくれたとか。
「クボジュンさんに会えた!」と感激してくれて、嬉しかった(*^_^*)

小野子人参のことを熱心に研究してくれている、学生のみんなの若いパワーから刺激をもらいました。
来年の研究発表、楽しみにしてるよ(^_-)-☆

小野子人参 飯田市上久堅 愛知大学

 
2 / 212