シニア野菜ソムリエクボジュンの活動ブログ

飯田信用金庫様のリニア中央新幹線に係る調査 最終報告会に、来賓として出席させていただきました。

報告書の中で、「食」と「農」への視点として、私の活動を事例として取り上げてくださいました。

飯田信用金庫 リニア中央新幹線 報告書

~食の分野では、シニア野菜ソムリエ久保田淳子氏が、リニア将来構想の一つである「食」と「農」について、南信州地域おける伝統野菜の産地や地域の現場に出ている経験、女性の観点からとしての野菜について講演活動、執筆活動中心に理解と活用を深める活動に尽力されている。~全文ママ

南信州 食 農 女性起業家

信金様には、私の著書クボジュンが出会った 南信州を彩る伝統野菜を全支店の窓口に置いていただいたり、私の活動を日ごろからご支援いただいています。

また、三遠南信関連のプロジェクトで専門家をさせていただいたり、地域の人材としても登用いただいています。

 

今回のこの評価はとても嬉しく、活動の励みになりました。

これからも、積極的に地域の現場へ出かけ、女性の観点を大切にしながら、南信州の食と農の発信に尽力していきたいと思います。

 

長野県のアンテナショップ銀座NAGANOで開催された「南信州・泰阜(やすおか)村の移住・交流フェア」で、PRのお手伝いをさせていただきました。

昨年発売した泰阜村の少量多品種クッキーも販売されるとあり、開発にあたってシニア野菜ソムリエとしてアドバイザーを務めた私もお手伝いさせていただくことに。
郷土ランチタイムで、私の著書クボジュンが出会った 南信州を彩る伝統野菜をご覧いただきながら、泰阜村の源助かぶ菜をはじめ、南信州の伝統野菜について紹介させていただきました。

 

泰阜村 銀座NAGANO 南信州

泰阜村 けもかわプロジェクト 少量多品種クッキー

皆さん、郷土料理を召し上がっていただきながら、私のお話に耳を傾けてくださいました。

源助かぶ菜のお葉漬けもご試食いただき、どのテーブルも完食!

源助のおいしさを堪能いただけて、それをお伝えできて嬉しかったです。

 

泰阜村出身で元編集者、母校・飯田高校の在京同窓会の広報誌の編集をされている方もご参加いただいており、銀座NAGANOの2階の書籍コーナーでも販売している私の著書をご購入のうえ、後日、広報誌の執筆依頼をいただきました。

母校の先輩からこのように依頼をいただけるのは、光栄で喜びも格別です。

地元にいてもそうですが、母校の大先輩方が後輩というだけで、無条件に私の活動を力強く応援してくださっていることをとても嬉しく思います。

こうしていろいろなところでつながり、今回、東京でできたご縁に感謝です。

 

ご一緒させていただいた、泰阜村副村長をはじめ、泰阜村の皆さま、ありがとうございました。

 

長野県次世代ヘルスケア産業協議会「食」の分科会事業「健康に配慮した県産食品の試食評価会」に、評価モニターとして、参加してきました。

会員として所属する、飯田メディカルバイオクラスターを代表し、評価モニターを務めさせていただきました。

 

「健康に配慮した県産食品の試食評価会」は、県内事業者が開発する適塩メニューや高齢者向け食品を県民の目線により評価・検証する仕組みの構築に向け、その課題抽出のため、試行的に実施されました。

今年度が初めてで、長野市開催に続き、飯田市で2ヶ所目です。

長野県次世代ヘルスケア産業協議会試食評価会

以前、野菜ソムリエ協会主催の野菜ソムリエサミットで、野菜を食べ比べて評価する審査員を行ったことがあり、それ以来の体験でした。

 

この日は6品を試食。

商品の情報に目を通しながら試食を行い、評価シートに記入していきます。

長寿県 減塩メニュー 高齢者

試食中は、反応を口にしたり、表情に出したり、近くの人と話したりしてはいけません。

静まり返った雰囲気の中、淡々と試食が行われていきました。

介護食 メディカルバイオクラスター 旭松食品

なかなかできない経験、大変勉強になり、良い機会をいただきました。

 

南信州新聞に記事掲載され、私も写真に写していただいてあります。

南信州新聞 長野県次世代ヘルスケア産業協議会

 

飯田ロータリークラブ様の例会にて、ゲストとしてお話しさせていただきました。

演題は昨年出版した書籍と同じ「南信州を彩る伝統野菜」。

伝統野菜と、食を通じた南信州の魅力を語りました。

飯田ロータリークラブ 例会 外松秀康飯田ロータリークラブ 例会 ゲスト

ご厚意により、講演後には書籍の販売もさせていただきました。

南信州 伝統野菜 野菜ソムリエ

 

ロータリークラブ会員の奥様が以前、地域活動でご一緒した方で、発売当初に書籍を購入していただき、ご主人に講師として推してくださったことが、今回の講演のきっかけでした。

昨年から講演のご相談をいただいていたのですが、まだ具体的な日程までは決まっていませんでした。

今回お話し予定だった方の都合が悪くなったとのことで、講演のお話をいただいたのは1週間前。

日程が合ったため、急きょでしたが、お引き受けさせていただきました。

 

急なご依頼でも対応させていただきますので、差し迫った日程でも、講演のご依頼などお気軽にお問い合わせください。

 

このたび発刊された、農業・農村・農業女子サポーターズマガジン『農業応援隊』2015winter Vol.13に、寄稿しました。

農業応援隊 恵那農業高校 久保田淳子

「農業に新提言!ティーンエイジャーの挑戦」の連載コーナーでは、活動が盛んな全国の農業高校が紹介されています。

今回、長野県のお隣で、南信州から近い岐阜県立恵那農業高等学校を取り上げるということで、ライター依頼がありました。

高速道路を運転し、越県しての取材でした。

 

「地域の農業高校として、地域から必要とされ、地域とともに歩む学校でありたい」との校長先生のお言葉通り、恵那農業高校は地域の課題解決や地域農業の活性化に積極的に取り組んでいます。

 

個人的に衝撃だったのが、リニア中央新幹線の残土活用について。

私の地元・飯田市には、2027年開通予定のリニアの長野県駅が設置されることが決まっていますが、岐阜県中津川市にも中間駅が設置されます。

中津川市は恵那市と同じ東濃地区にあり、リニアの工事によって発生する残土を農業に活用しようと、既に動いているのです。

農業高校への取材で、まさかリニアの話題が出るとは思っておらず、同じくリニアの中間駅ができる飯田市に住む私にとって刺激的で、農業への活用が進んでいるということで、さらに興味深い取材となりました。

農業応援隊 シニア野菜ソムリエ 久保田淳子

 

 

 

 

信州の伝統野菜に選定されている、長野県飯田市千代地区の「千代ネギ」のパンフレットが完成。

千代ネギの会からご依頼いただき、南信州伝統野菜ソムリエ、長野県から委嘱されているおいしい信州ふーど(風土)名人として、寄稿しました。

千代ネギ 信州の伝統野菜 飯田市

2015年5月発売の『クボジュンが出会った 南信州を彩る伝統野菜』でも、千代ネギを取材し紹介しています。

ふれあい農園おおた 太田いく子

ブランド化に向けて動き出したばかりで、生産も販売体制もこれから整えていく段階ですが、そのスタートアップにお声を掛けていただき光栄です。

私も微力ながらお力になれればと思います。

 
私がシニア野菜ソムリエとしてアドバイザーを務めた、長野県下伊那郡泰阜(やすおか)村の新商品「少量多品種クッキー」が完成!このほどお披露目会を開き、地元紙に取り上げていただきました。


泰阜村産のりんご、ブルーベリー、クルミ、柚餅子をトッピングに使ったオリジナル商品です。
大規模農業には向きませんが、村の標高差を生かし多品種の野菜・果物が栽培できることをウリに、村内の生産者が連携して一つの商品に泰阜村の魅力を詰め込みました。

当面は村内外でのイベントで販売予定で、12月からはネットショップを開設予定。

来年2月には、銀座NAGANOのイベントでも販売予定です。

※10/31付 南信州新聞 泰阜村の生産者の皆さんと
泰阜村 少量多品種クッキー 特産品

 

飯伊市町村議会議員研修会で、飯田下伊那地区の市町村議員150名の皆さまの研修会で、講演を行いました。

演題は書籍のタイトルと同じ『南信州を彩る伝統野菜』

さすが議員の先生方、地元の伝統野菜に興味津々。

身を乗り出してお話を聞いてくださいました。

飯伊市町村議会議員研修会 下伊那郡町村会 飯田市

 

長野県飯田市立緑ヶ丘中学校のPTA講演会で、私のモットーである「食で南信州を元気に!」を演題に、講師を務めました。

現在、飯田市で一番のマンモス校とあり、生徒さん約700名と保護者の皆さんを対象に、多くの方にお聴きいただくことができました。

 

講演会を企画したPTAの役員の方からは、今年のPTAスローガンである「子どもとつながる、学校とつながる、地域とつながる」にふさわしいと、私を人選いただきました。

PTA会長からは「食の魅力を再発見できる良い機会。地域で活躍している人から話を聞いて中学生もふるさと南信州の良さをあらためて実感してほしい」と期待してくださいました。

 

講演内容は、まずは食と野菜の大切さについて。

●頭が良くなる食べ物!?

●勉強に集中するには?

●スポーツで良い成績を残すには?

といったテーマで、なぜ食が大切なのか、野菜の必要性をお話ししました。

 

後半は、南信州の伝統野菜について。

実物を見てもらいながら、お話ししました。

伝統野菜は見た目が個性的なので、生徒さんたちの反応も良かったです。

 

終了後、図書委員長の生徒さんから、学校の図書館にある私の著書『クボジュンが出会った南信州を彩る伝統野菜』にサインを依頼され、「緑ヶ丘中学校の皆さんへ」と入れさせていただきました。

 

元同僚など知人が保護者として講演を聴いてくれていて、嬉しい感想を寄せてもらっています。

「いつもより、夕飯で野菜をモリモリ食べ、弁当のおかずの麻婆茄子にも文句でず。中学生、聞いてないようで聞いているんだって嬉しい驚きがありました。」

「うちの緑中生男子もナスが苦手ですが、夕飯のていざなす(伝統野菜)をイタリアン風にしたら、食べてました。
伝統野菜を実際に見せて頂けて、お話の内容に、より興味を持てたと思います。」

 

生徒さんたちがしっかりと聴いてくれていて、すぐに反応してくれて、講演の成果があったことを嬉しく思いました。

子どもたちは素直でいいですね。

 

これからも、子どもたちに食と野菜の大切さや、地元の農産物について伝えていきたいし、大人の方にはそういった機会を作っていただくことを希望します。

 

写真は、地元紙・南信州新聞に掲載された記事。

記者さんには、最初から最後までじっくり取材していただきました。

いつも私の活動をご支援いただき、ありがとうございます。

PTA 食育 講演会 野菜ソムリエ

 

このたび、事業構想大学院大学出版部が編集・発行の『環境会議』(発売元:宣伝会議)2015秋号に寄稿しました。

特集「気候変動で変わる農業『適応策』へのシフト」の中で、地元・長野県南部の果樹栽培を取り上げ、気候変動による変化と適応策について執筆しています。

環境会議 事業構想大学院大学 宣伝会議

『環境会議』2015秋号
http://www.sendenkaigi.com/boo…/back-number-kankyokaigi/4593

 

他の筆者は、東大、京大など大学の研究者の方ばかりで、その中に名前を連ねました。

これも、事業構想大学院大学・飯田市プロジェクト研究に参加したことでいただいたチャンスです。

気候変動 農業 長野県 果樹

5月に書籍『クボジュンが出会った南信州を彩る伝統野菜』を出版し、会社勤め時代に編集記者の経験もあることから、今後、執筆のお仕事も増やしていきたいと思っていたところでした。

 

そうした中で、農業分野の執筆、しかも地元の農業に関する執筆のお話をいただき、とても嬉しくお受けしました。

 

やはり書くことは楽しい。

書く喜び、自分の書いたものがこうして世に出て、形に残る喜び。

これだから書くことはやめられません。

 

それが地元・南信州の発信とあれば、なお幸せです。

環境会議 2015秋 シニア野菜ソムリエ

 

 
1 / 712345...最後 »