シニア野菜ソムリエクボジュンの活動ブログ

全国山村振興連盟関東ブロック会議の総会で、講演を行いました。

持ち回りで今年は長野県が開催地で、会長の松島貞治泰阜村長が南信州での開催を実現。

講演の講師も地元の人でと探していたところ、私が適任と村長直々にご依頼をいただきました。

 

農水省の方や群馬県の村長など、遠方からもたくさんの方が参加される中、南信州の伝統野菜について講演させていただきました。

全国山村振興連盟関東ブロック会議 昼神温泉 長野県

 

長野県下伊那郡松川町立松川北小学校の職員研修会で、講師にお招きいただきました。

 

「より良い食生活を工夫したり実践したりしようとする力を育てる授業づくり~家庭や地域との連携を生かした指導のあり方~」をテーマに研究をスタートさせた、家庭科研究部会の先生方の呼びかけによるものでした。

食を通して地域の方とのつながりを持ち、家庭での実践へ結びつけていきたいという願いから、地域の素材について調べ始めたところ、私にたどり着いたとのこと。

私の著書を購入してお読みいただいたり、ホームページをご覧いただいたりしているうちに、話を聞きたいということになったそうです。

担当の先生から熱いオファーをいただき、講師をさせていただくことになりました。

 

学校に到着すると、校長室にで校長先生が出迎えてくださいました。

校長先生とは以前、飯田市立竜東中学校で教頭先生としていらっしゃった際に、学校にお邪魔したことがありました。

有志で作る飯田市上久堅の小野子(おのご)人参クラブが栽培する小野子人参が、地元・飯田市立竜東中学校の給食のメニューになりました。

地区外ではありますが、私も小野子人参クラブの会員として、2年前から栽培に参加しているので、中学生と生産者との交流給食が企画され、お招きいただいたのです。

 

校長先生は、私が南信州新聞に連載しているレシピをいつも切り抜いて活用してくださっているそうで、つい先月掲載したレシピも作ってみたそうです。

 

研修会の前に校長先生からそんな嬉しいお話しをお聞きし、とてもアットホームな雰囲気の中で研修会は始まりました。

校長先生、教頭先生をはじめ、研究熱心な先生方にご参加いただき、ディスカッションしながら、時には笑いも交えながら、あっという間の2時間。

特に先生方が伝統野菜に興味を持たれていて、私の著書クボジュンが出会った南信州を彩る伝統野菜を使ってご紹介しつつ、伝統野菜についてお話しました。

 

先生方には研修会後、著書をご購入いただき列ができ、即席サイン会に(笑)

地域の食への関心の高さと、それを子どもたちに伝えたいという情熱に、講師の私も刺激をいただきました。

 

担当の先生からは後日、下記の御礼のメールを頂戴しました。

ーーーー

クボジュンさんのお話をお聞きして、改めて、伝統野菜を始めとする、下伊那のよさに気付かせていただきました。

それは、野菜を通して感じる人よさや、それらの人とつながるよさです。ご著書のことを伺うなかで、掲載されている一人一人のエピソードを語られるクボジュンさんが、素敵でした。
家庭科で、野菜炒めや味噌汁を学ぶでけでなく、それらを学ぶことを通して、地域のよさ、人のつながりを感じられるようにしたいと思いました。
お話いただいたことを生かして研究を深めていきたいと思います。
ご著書にもサインをいただけてうれしかったです。
この、ご縁から、またお話が伺えればいいなと思います。

 

松川北小学校 職員研修会 家庭科研究部会

 

長野県松本市に本社を置く、株式会社ナガキュウ様の総会で、講演を行いました。

会場は浅間温泉旅館。

ナガキュウ様のお取引様を前に、『食の大切さと野菜の魅力』の演題でお話ししました。

ナガキュウ 総会 浅間温泉

 

 

昨年大好評だった

3びきのこぶた×クボジュンコラボの夏期間限定の「夏しゃぶコース」

今年も始まっています!

3びきのこぶた クボジュン 夏しゃぶ

お肉専門店3びきのこぶたさんが取り扱う信州飯田のブランド豚幻豚(げんとん)と、お野菜たっぷりの組み合わせです。

幻豚 飯田市 焼肉

南信州 野菜 しゃぶしゃぶ

今年は昨年よりも出足が良いとのこと。

3びきのこぶたの夏と言えば「夏しゃぶ」が定着してきたようです。

 

お肉はもちろん、野菜もおいしいのですが、夏しゃぶの決め手は3種類の中から2種類を選ぶスープ。

クボジュンのイチオシはトマトスープ!!

生クリームを加えてあり、酸味がまろやかでスープだけでも十分おいしくいただけるほどです。

キムチ トマト 和風 スープ

女性に嬉しいコラーゲンボールにも注目!!

コラーゲンボール 鍋 スープ

8月末までの期間限定です。

「美味しく食べてうつくしく♪」

ぜひ一度、召し上がってみてくださいね。

 

 

 

長野県のアンテナショップしあわせ信州シェアスペース銀座NAGANOで開催されているしあわせ信州朝クラス第1期。

第5回の「朝クラス講演会」で、講師を務めました。

 

これは、事業構想大学院大学・飯田市プロジェクト研究1期生に参加したことがきっかけで、副学長の中嶋先生がお話をつないでくださり実現したものです。

修了生となった今も、引き続き事業構想実現のため、大学のネットワークを駆使しながら、ご指導、ご支援いただいています。

銀座NAGANO 長野県 アンテナショップ

 

 

講演タイトルは、5月に発刊した著書と同じく『南信州を彩る伝統野菜』

南信州の伝統野菜の魅力を、私自ら足を運んだ秘境の写真をお見せしながらお伝えしました。

南信州を彩る伝統野菜 銀座NAGANO 朝クラス

 

 

朝クラス ていざなす 久保田淳子

この企画は、出勤前に「長寿日本一長野県の朝ごはんを食べながら学ぼう」という朝活の一環です。

今回の朝食には、信州最南端、南信州・下伊那郡天龍村の伝統野菜「ていざなす」のお料理が提供されました。

 

ていざなすは例年、この時期にはまだ出荷されておらず、今年も出荷はまだ解禁となっていませんでしたが、この日のために生育の早いものを天龍村から送っていただきました。

参加者の皆さんには「まだ地元でも食べられないので、皆さんラッキーですよ!」とお伝えしました。

私も今年初のていざなすを銀座で食べるという…

 

しかもこのていざなすの生産者の方は、知り合い尾天龍村役場の職員の方のご家族だったということが後から判明。

東京でも、南信州とのつながりを感じました。

ていざなす 天龍村 久保田淳子

その他、我が飯田市・旭松食品の粉豆腐、伊那市のかんてんぱぱの寒天もお料理に使われていて、南信州、飯田色のある会でした。

旭松食品 かんてんぱぱ 粉豆腐 寒天

参加者の中には、facebookでつながった横浜の南信州ファンの方がいらっしゃいました。

私の著書を発売直後にamazonで購入してくださり、会場に著書をお持ちいただき、恐縮ながらサインをさせていただきました。

著書を教本としてくださっていて、それを見ながら南信州に行きたい思いに駆られているそうです。

「この本は手元に来た時にさらっと見た時よりも読めば読むほど面白いです。本当に多くの方のおそばに置いて欲しいです。」と仰ってくださっています。

 

最後に参加者の皆さん、関係者と記念写真。

ご参加、ありがとうございました!

朝早くから駆け付けてくださった、事業構想大学院大学事務局長の白石さんも、ありがとうございました。

銀座NAGANO 朝クラス 伝統野菜

 

 

 

 
長野県下伊那郡阿智村の阿智第三小学校の学校保健委員会で、食育講演会の講師にお招きいただきました。
2年前、下伊那教育会の食育担当の先生方で作る食育研究会で、食育講演会をさせていただた時に、私の講演を聴いてくださった阿智第三小のK先生が、保護者の方にも全く同じ内容の話を聴いてもらいたい!と、熱烈なラブコールをいただき実現。
その時の講演内容を見て、校長先生もぜひにと思ってくださったそうです。
K先生は当時、子どもたちがどうしたら給食を残さず食べてくれるかと、ご苦労されていたとのこと。 そんな時、私の講演を聴き、それを地道に実践したところ、少しずつ子どもたちが食べてくれるようになってきたと、とても嬉しいお声を頂戴しました。
「小さな学校に、お忙しいクボジュンさんに来ていただけるなんて夢のようです!」と言っていただきましたが(笑)、私は飯田市が拠点だし、どんなに忙しくても仕事がなければさまざまな活動も継続できないので、お仕事は最優先です。
仕事であれば大きい小さいも関係ありません。
こんなに望まれてお仕事させていただけるなんて、本当に幸せなことです。
今日の講演は、前半は食育の基本についてお話しし、後半は私の得意分野、南信州の地域食材として、同じ村内の清内路地区にある5種類の伝統野菜を紹介。
清内路は後から合併したこともあって、同じ阿智村の方でも清内路の伝統野菜を知らないとお聞きしたことがあり。
すべて自分の足で産地へ行き、生産者さんから直接お話しを伺っているからこそ、その魅力を伝えることができ、この地域では私しかいないと思っています。

クボジュン

食の地域活性化プロデューサー/シニア野菜ソムリエ

南信州伝統野菜コンシェルジュ/おいしい信州ふーど(風土)名人

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

いいだFMに出演しました。

1月7日の「春の七草」に合わせ、七草粥とお正月に食べ過ぎた胃腸に優しい食について、お話しさせていただきました。

七草粥 春の七草 いいだFM

私ももちろん、1月7日の朝は七草粥を食べましたよ。

お正月 胃腸に優しい食 消化にいい

 

ラジオでは、私の今年の活動予定についても、ご紹介させていただきました。

 

クボジュン

食の地域活性化プロデューサー/シニア野菜ソムリエ

南信州伝統野菜コンシェルジュ/おいしい信州ふーど(風土)名人

 

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

信州の伝統野菜・長野県下伊那郡阿智村清内路(せいないじ)の「清内路かぼちゃ」の収穫祭にお招きいただきました。

 

「家庭料理を味わう会」による清内路かぼちゃの五平餅
昔、お米がない時に食べていたそうです。清内路かぼちゃ 野菜ソムリエ 南信州の伝統野菜

 

清内路かぼちゃとの出合いはちょうど2年前。

清内路5種類の伝統野菜の料理教室で講師をさせていただいたのがきっかけです。

当時、清内路振興室の方、下伊那農業改良普及センターの方から、どうにかしてこの美味しい清内路かぼちゃを世に出したいとの熱い想いをお聞きし、飯田市内のノエル洋菓子店さんにご相談したところ、ノエルさんがスイーツを開発してくださったのが始まり。

 

ノエルさんの清内路かぼちゃのシフォンケーキ、マドレーヌ、プリンです。清内路かぼちゃ ノエル洋菓子店 信州の伝統野菜

 

このたった2年で、数多くのお店や業者さんが清内路かぼちゃを使った商品を開発し、昨日並べられたバリエーション豊かな商品の数々を見て、私も感激でした。

それだけ清内路かぼちゃが美味しいということでもあり、清内路の皆さんの想いが人の心を動かし、そうさせるのだろうなと思います。

 

「クボジュンさんのおかげで、なんて言ってもらえるのは最初のうちだけ。そんなのすぐに忘れられるよ。」と、とある方に言われことがありました。

でも、清内路の皆さんは違う。 支えてくれる周りの方への感謝を忘れず、だからこそどんどん協力者が自然と増えていくのだと思います。

これからも、こういう地域を応援していきたいです。

 

クボジュン

食の地域活性化プロデューサー/南信州伝統野菜コンシェルジュ

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

 

長野県・南信州 飯田市の秘境「遠山郷」にある、ジンギスカンと山肉専門店 肉のスズキヤさんのキジ肉のページで、信州の伝統野菜に認定されている、飯田下伊那の伝統野菜「源助かぶ菜」を添えたキジ肉入りきしめん(尾張徳川家が愛した「きじめん」)について、コラムとレシピをご紹介させていただきました。

 

源助かぶ菜は青物のほうれんそうの代わりに、一味唐辛子は信州の伝統野菜に登録になったばかりの、下伊那郡阿南町和合の鈴ヶ沢南蛮を使用しています。

漬物以外で食べることのない源助かぶ菜ですが、さっとゆでて彩に。思ったほど苦くなく、新鮮でクセになります。

 

長野県には、日本三大漬け菜の野沢菜がありますが、飯田下伊那で漬け菜と言えば、源助かぶ菜。

“源助”とは、明治時代に愛知県から下伊那郡泰阜(やすおか)村に行商に来て種を伝えた井上源助さんに由来します。

 

きじめんコラムときしめんレシピ

http://www.jingisu.com/shop/item_detail?category_id=328462&item_id=385832

源助かぶ菜 きじめん 信州の伝統野菜

 

クボジュン

食の地域活性化プロデューサー/南信州伝統野菜コンシェルジュ

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

愛知大学経営学部の公開講演会で、講師をさせていただきました。

「食で地域を元気に!~南信州の食を通じた地域活性化」を演題に、約130名の学生さんに講演。

愛知大学 シニア野菜ソムリエ 南信州

昨年度、経営学部・太田先生のゼミで、飯田市上久堅の小野子人参のマーケティング研究をしていただいたのがご縁です。

小野子人参を研究してくれた学生さんも、講演会に参加してくれました。

愛知大学 野菜ソムリエ 南信州

 

2027年には、東京ー名古屋間でリニア中央新幹線が開通しますが、中間駅として、飯田市に駅が設置されることが決まっています。

リニア開通によって、飯田市から名古屋まではたったの20分に!

 

愛知県とは近い距離にあり、もっと身近になることを絡めて、南信州や飯田市がどこにあるか、どんなところかに始まり、伝統野菜の宝庫であることや普及、商品開発の事例等を紹介。

小野子人参をはじめ、私が今年栽培した下栗いも、清内路かぼちゃ、親田辛味大根を実際に手に取ってもらいながら紹介しました。

信州の伝統野菜 清内路かぼちゃ 下栗いも 

小野子人参のシフォンケーキは、一口ずつ試食してもらい、商品開発事例の一つとしました。

 

南信州広域連合にご手配いただいた、南信州、飯田市の観光パンフも配布。

南信州 飯田市 愛知大学

質疑応答では、鋭い質問が飛んできたり、メモを取ったり熱心に話を聴いてもらえて反応が嬉しく、気持ち良く講演させていただくことができました。

 

南信州や南信州の伝統野菜の魅力を思う存分お伝えでき、素晴らしい機会をありがとうございました。

愛知大学 信州の伝統野菜 親田辛味大根

 

クボジュン

食の地域活性化プロデューサー/南信州伝統野菜コンシェルジュ

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai