シニア野菜ソムリエクボジュンの活動ブログ

南信州・飯田下伊那地域で愛されている春の味覚“うこぎ”。

生垣として家や畑の周りに植えられているのが一般的で、ごくごく身近な山菜です。

この時期は、近所や親せきからどっさりいただきます。

うこぎ おこぎ 南信州 飯田下伊那 野菜ソムリエ

江戸幕府が干ばつによる飢饉に備えるため、このうこぎを生垣として植えることを奨励したと言われています。

正式には「うこぎ」ですが、飯田下伊那では「おこぎ」とも。

東北でも食べられているところがあるようで、代表的な山菜のタラの芽やこしあぶらと同じウコギ科です。

他にはない「キュッキュッ」という独特の食感と香りが特徴的(私は食感を「キシキシ」と表現するのが好きです)。

山菜の中では調理が非常に簡単で、おひたしや天ぷらにして食べられています。

うこぎ おこぎ おひたし 野菜ソムリエ

 

以前、FM長野さんを訪問した際、手土産にこのうこぎを持参したところ、パーソナリティーの高寺直美さんが、ブログにアップしてくれています。

http://fmntakatera.naganoblog.jp/e1473653.html

 

ではでは、そのうこぎ、おひたし、天ぷら以外のレシピを一つご紹介します。

私が6年半近く連載している、南信州新聞『美味しいレシピコーナー』に掲載した「うこぎご飯」です(2014年4月12日掲載)。

【材料】(1人分)

白飯  … ご飯茶わん1杯

おこぎ …  20g

しらす … 大さじ2

【作り方】

①  おこぎは水洗いしておく。沸騰した湯に塩ひとつまみを入れ、30秒ほどゆでて水にさらす。

②  水気をよくしぼり、しらすと一緒に白飯に混ぜる。味を見て塩気が足りなければ、お好みで塩を加える。

うこぎ おこぎ レシピ クボジュン 野菜ソムリエ

簡単なので、ぜひお試しください。

 

保存方法もご紹介しておきます。

一度に食べきれない場合は冷凍保存がおすすめです。固めにゆでて冷水にさらし、水気をよく切り小分けにして冷凍庫へ入れてください。

山菜の中でも調理が簡単なので、3月下旬~4月中旬に南信州・飯田下伊那を訪れる機会があれば、地元の直材所で手に入れて、ぜひ味わってみてください。

 

カリフラワーのカレーピクルス

 

【材料】(作りやすい分量)

カリフラワー …  1株

カレー粉   … 大さじ1強

リンゴ酢   … 1カップ

水      … 1カップ

ハチミツ   … 150g

塩      … 小さじ2

 

【作り方】

①カリフラワーは小房に分け、さっとゆでる。

②鍋にカレー粉、リンゴ酢、水、ハチミツ、塩を入れ、かき混ぜながら加熱する。

③②が熱いうちにカリフラワーを加える。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、一晩おく。

カリフラワー ロマネスコ ピクルス 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年4月中旬

初の書籍本『クボジュンが出会った~南信州を彩る伝統野菜』を出版!

「地元の素晴らしさを伝えたい」という想いから活動を始めた野菜ソムリエとしての7 年間の集大成。
南信州の美味しい食、美しい大自然、心豊かな人々…
読めばきっと訪れてみたくなる、彩り豊かな魅力が詰まった一冊です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

クボジュン

食の地域活性化プロデューサー/南信州伝統野菜コンシェルジュ

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

ブロッコリーのキッシュ風

オーブントースターで手軽に作れる、ブロッコリーが主役のレシピです。

 

【材料】(2人分)

ブロッコリー …  1/2株

ベーコン   … 大3枚

ピザ用チーズ … 70g

 

〈卵液〉

卵      … 2個

生クリーム  … 1/2カップ

豆乳     … 1/4カップ

塩・こしょう … 少々

 

【作り方】

①ブロッコリーは小分けにし、ラップに包んで電子レンジで約2分加熱する。ベーコンは2㌢幅に切る。

②卵液の材料をボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。

③耐熱皿にブロッコリー、ベーコンを均等に並べ、卵液を流し入れる。ピザ用チーズをのせる。

④オーブントースターで10分焼き、一度取り出してアルミホイルをかぶせ、さらに10分焼く。

ブロッコリー キッシュ FM長野

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年4月中旬

初の書籍本『クボジュンが出会った~南信州を彩る伝統野菜』を出版!

「地元の素晴らしさを伝えたい」という想いから活動を始めた野菜ソムリエとしての7 年間の集大成。
南信州の美味しい食、美しい大自然、心豊かな人々…
読めばきっと訪れてみたくなる、彩り豊かな魅力が詰まった一冊です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

クボジュン

食の地域活性化プロデューサー/南信州伝統野菜コンシェルジュ

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

信州伊那谷では、正月二日の朝、とろろご飯を食べる風習があります。

これを「すり初め」と呼び、我が家も今でも恒例です。

 

食べると一年間風邪をひかないなどの謂れがあります。

すり初め とろろ汁 長いも 

正月三日に「三日とろろ」を食べる地域もあるようです。

 

クボジュン

食の地域活性化プロデューサー/南信州伝統野菜コンシェルジュ

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

 

 

 

 

餅で作る、アレンジレシピです。

 

ネギと納豆のもちピザ

【材料】(切りもち4個分)

切りもち     … 4個

ネギ       … 20g

納豆       … 1パック

ピザ用チーズ … 20g

サラダ油    … 小さじ1

 

【作り方】

①  切りもちは4等分にする。ネギは小口切りに、納豆はかき混ぜておく。

②  熱したフライパンにサラダ油をひき、真ん中にもちを並べる。

ふたをして2分ほど焼き、裏返す。

③  納豆、ネギ、ピザ用チーズの順にのせ、チーズがとろけるまでふたをして3分ほど焼く。

④  お好みでしょうゆをたらしていただく。

もち レシピ ねぎ 納豆 チーズ

 

クボジュン

食の地域活性化プロデューサー/南信州伝統野菜コンシェルジュ

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

高級珍味、長野県下伊那郡天龍村坂部のゆべしを、クリームチーズと一緒に。

ゆべし 柚餅子 チーズ 珍味

ゆべしは、できるだけ薄くスライスします。

柚子の皮の苦味が、クリームチーズでまろやかに。

お酒に合い、クセになる味わいです。

 

ゆべし作り体験→http://kubo-jun.com/?p=1871

 

クボジュン

食の地域活性化プロデューサー/南信州伝統野菜コンシェルジュ

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

 

南信州が誇るブランド干し柿「市田柿」のレシピをご紹介します。

市田柿と相性の良いチーズとの組み合わせ。

赤ワインにも合います。

 

市田柿のクリームチーズ和え

【材料】(2人分)

市田柿       … 3個

くるみ       … 10g

レーズン     … 10g

クリームチーズ … 30g

 

【作り方】

①  市田柿はヘタを切り、1㌢角にカットする。

くるみは手で小さくし、レーズンはぬるま湯でやわらかくする。

クリームチーズは1㌢角に切る。

 

②  ①をすべてボウルに入れ、クリームチーズが多少溶ける程度まで混ぜ合わせる。

市田柿 チーズ レシピ

 

クボジュン

食の地域活性化プロデューサー/南信州伝統野菜コンシェルジュ

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

長野県下伊那郡天龍村坂部へ、保存食の柚餅子(ゆべし)づくり体験に伺った時に、昼食に出していただいた「ゆず釜」の作り方をご紹介します。

柚餅子づくり体験の様子はこちら

 

【作り方】

ゆずの上の方を切って、果肉をくり抜きます。

味噌、みりん、砂糖の調味料と、ねぎ、くるみ、かつおぶし、ちりめんじゃこなどお好みのものを加えて練ったものを、果肉をくり抜いたゆずの“釜”に詰めます。

最初に切ったゆずの上の方をのせてふたにして、オーブントースターでゆずの皮が焦げるまでしっかり加熱します。

ゆず釜 柚子 レシピ

 

このゆず釜は、柚餅子の基になったものではと言われているそうです。

白いご飯にのせて食べると、食が進みます。

食べ終わって空になったゆず釜には、日本酒を入れて御燗にして飲むとか。

柚餅子 天龍村 ゆず釜

 

天龍村でいただいた時は、こうやってストーブの上で焼いてくれました。

よく見ると、ストーブで柚子を焼く光景、衝撃ですね(笑)

柚子 ゆず釜 味噌

 

クボジュン

食の地域活性化プロデューサー/南信州伝統野菜コンシェルジュ

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai


 

プチヴェールのゆず胡椒和え

ゆず胡椒がピリリと効いた一品です。

 

【作り方】

ゆでたプチヴェールにツナフレークを加えて、マヨネーズとゆず胡椒で和えます。

柚子 ゆず胡椒 プチヴェール

写真は、ハナビラタケとミックスビーンズを加えたものです。

 

こちらは、長野県下伊那郡天龍村の青柚子から作った柚子胡椒。

天龍農林業公社で販売しています。

ゆず レシピ プチベール

 

 

クボジュン

食の地域活性化プロデューサー/南信州伝統野菜コンシェルジュ

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

 

8/25(月)に長野朝日放送「ABNステーション」で紹介された、クボジュンオリジナルの伝統野菜料理(下伊那郡天龍村のていざなす)のレシピです。

 

●ていざなすのトマトチーズグラタン

【材料】

ていざなす …  1/2本

トマト  … 1/2個

ニンニク … 1片

豚ひき肉 … 50g

ピザ用チーズ … 40g

塩・こしょう … 適量

オリーブオイル  … 大さじ1と小さじ1

 

【作り方】

①  ていざなすは縦半分に切り、スプーンで内側をくり抜く。

一口サイズに切っておく。

②  フライパンにオリーブオイル大さじ1をひき、なすを炒める。

全体に油が回ったら取り出しておく。

③  再度フライパンにオリーブオイル小さじ1をひき、みじん切りにしたニンニクを炒め、ひき肉を入れる。

ひき肉に火が通ったら、なすを戻して軽く炒め、塩・こしょうをしっかり振る。ざく切りしたトマトを加え、トマトがくたくたになるまで炒める。

④  なすの器に入れる。ピザ用チーズをかけてオーブントースターで7~8分焼く。

伝統野菜 ていざなす ABNステーション 長野朝日放送

 
1 / 212