シニア野菜ソムリエクボジュンの活動ブログ

8/25(月)に長野朝日放送「ABNステーション」で紹介された、クボジュンオリジナルの伝統野菜料理(下伊那郡天龍村の伍三郎うり)のレシピです。

 

●伍三郎うりのキムチ炒め

【材料】

伍三郎うり …  1/4本

豚こま切れ肉 … 100g

キムチ … 100g

しょうゆ … 小さじ1

サラダ油 … 小さじ1

ごま油  … 小さじ1

 

【作り方】

①  伍三郎うりは、縦に数か所皮をむき、いちょう切りにする。

②  フライパンにサラダ油をひき、豚肉を炒める。

③  豚肉の色が変わったら、キムチを入れてしょうゆで味を調える。

④  伍三郎うりを加えて透き通るまで炒め、最後にごま油を入れて完成。

伝統野菜 伍三郎うり ABNステーション 長野朝日放送

 

こごみに続いて、わらびのレシピをご紹介します。

わらび 画像

わらびは、『万葉集』にもうたわれているほど古くから親しまれてきた山菜。

誰もが一度は口にしたことのある、最もなじみ深い山菜ではないでしょうか。

草原や原野などの日当たりのよいところに群生する山菜のひとつで、春から初夏に葉の開いていない若芽を採取して食用に。

水煮が周年出回っていますが、春に出回る生わらびは、市販の水煮わらびにはない、ザクッとした食感が味わえます。

強いアクがあるので、そのままでは食べられずアク抜きは必須。

アク抜きが必要な分、少々手間はかかりますが、そのひと手間がなければ絶対に味わえない、旬ならではのおいしさがあります。

わらび 画像 

 

「わらびの梅肉和え」

泰阜村でクボジュン自ら採取してきたわらびを使っています。

わらびのほのかな苦みと梅の酸味が、さわやかな味わいです。

 

【材料】

わらび(下ごしらえ済みのもの) …  100g

梅肉(市販のチューブ入り)    … 小さじ1と1/2

めんつゆ            … 小さじ1

 

【作り方】

①  わらびは4㌢の長さに切る。

②  梅肉とめんつゆと和える。

 

わらび しょうゆ 梅肉 レシピ

 

泰阜村のタケノコ狩りツアーに参加して採取した山菜の中から、クボジュンが大好きな「こごみ」のレシピをご紹介します。

こごみ レシピ

こごみは、わらびと同じシダ類で、山菜の中ではアクが少なく、わらびのような下処理の手間がかかりません。

味にクセがないので、他の山菜に比べて食べやすいのが特徴です。

くるくると巻いて前かがみにこごんでいる姿から、「こごみ」と名付けられたと言われています。

ではでは、レシピをご紹介しましょう。

こごみのマヨしょうゆ和え
【材料】
こごみ   … 100g

マヨネーズ … 大さじ1

しょうゆ  … 小さじ1

【作り方】
①こごみは水の中で洗い、茎の硬い部分を切り落とす。

②重曹(食用)を加えた熱湯で約1分ゆで、冷水にとって冷ます。

③水気を切ったこごみをマヨネーズ、しょうゆと和える。

こごみ マヨネーズ

 

FM長野「Vitamin Marche(ビタミンマルシェ)」内で、電話インタビューで山菜についてお話ししましたが、その中でご紹介した山菜レシピより。

「タラの芽の肉巻き」です!!
たらの芽 山菜 長野県 野菜ソムリエ

天ぷらが定番のタラの芽ですが、お肉で巻いて、ボリュームある1品にしちゃいます☆

【材料】
タラの芽 
豚薄切り肉

こしょう
薄力粉 
サラダ油
レモン 

【作り方】
①1分ほど塩ゆでしたタラの芽を、塩コショウをしっかりふった豚薄切り肉で巻く。

②豚肉に薄力粉をまぶし、手ではたいて余分な粉を落とす。

③フライパンにサラダ油を熱し、豚肉の巻き終わりを下にして入れる。

 肉の合わせ目がくっついたら全体を焼き、肉に火が通ったら完成です。

お好みでレモン汁をかけてお召し上がりください。

タラの芽 レシピ 

 
2 / 212