シニア野菜ソムリエクボジュンの活動ブログ

毎月、生出演中のSBC信越放送ラジオ「坂ちゃんのずくだせえぶりでい」内「伊那谷めぐりあい」。

伝統野菜をはじめとした、飯田下伊那ならではの旬の食材をご紹介していますが、

今月は、飯田市上村下栗地区の“信州の伝統野菜”である「下栗いも」についてご紹介しました。

クボジュンは今年、下栗に遊休農地をお借りして、自ら下栗いもの栽培に取り組んでいます。

7月27日(土)、お借りしている畑での収穫作業の様子です。

下栗いも 伝統野菜 遠山郷

下栗の耕地は急斜面にあるので、思い切り引き抜くと、反り返って転げ落ちそうでした。

それでもこのくらいの斜面は、初心者向きの畑だとか。

収穫の日、地元・下栗のおじいちゃんと、クボジュンと隣同士の畑で山梨から毎年栽培に参加している方のインタビューの収録もしてきました。

地元の方の下栗を守っていきたいという想い、地区外の方が下栗の“人と人とのつながり”をはじめ、この地に惹かれるワケ…

編集せずに全部放送したいくらい、素敵なお話しをお伺いできました。

リポーター 

パーソナリティーの久保田くに子さんからは、

「素晴らしいお話しを聞いてきてくれたおかげで、放送に深みが出て良かった。」と仰っていただきました。

これからも地域の食材の魅力とともに、地域そのものの魅力や地域の方の想いもお伝えしていけたらなと思います。

今日の放送には、収穫したばかりの下栗いもの新じゃがを茹でて、スタジオに持参。

上村産のえごま味噌を添えて、パーソナリティーのくに子さんに召し上がっていただき、番組内でも触れてもらいました☆

下栗いも 伝統野菜 遠山郷

野菜の知識だけなら、クボジュンでなくてもお伝えできるかもしれません。

現地に足を運び、栽培も体験し、その土地土地の方と交流し、

現地に出向かなければ分からない魅力をここ南信州から広く発信できるのは、

クボジュンならではかななんて思います。