シニア野菜ソムリエクボジュンの活動ブログ

クボジュンのレポートが本になりました!

南信州交流の輪 横山タカ子 伝統野菜

昨年(2013年)、南信州交流の輪主催の「新・地域づくりフォーラム」のパネルディスカッションに、パネリストとして登壇させていただきましたが、その事業報告書の中で、飯田下伊那の伝統野菜など地域野菜の現地レポートを10ページにわたり、書かせていただきました。

下記の6種類について取り上げています。
ていざなす(天龍村)、鈴ヶ沢なす(阿南町和合)、下栗いも(飯田市上村)、伍三郎うり(天龍村)、清内路かぼちゃ(阿智村清内路)、小野子人参(飯田市上久堅)

南信州交流の輪 伝統野菜 横山タカ子

現地に何度も足を運ばなければ聞くことや知ることができなかった内容ばかり。
写真もほぼすべて、クボジュンが実際に現地に出かけて収穫を体験したり、栽培に携わる中で撮りためたものです。

南信州交流の輪の事務局の方から、これまでの冊子に書かれているような学術的なことはいらない、このレポートはクボジュンにしか書けないからと、執筆を依頼されました。
クボジュンのこれまでの集大成とも言えます。
残念ながらこの本は補助金で作られているため販売できないのですが…。

このレポートを書くにあたっては、これまで圃場を案内してくださったり、栽培に声を掛けてくださったり、情報提供してくださった、たくさんの方のおかげです。
この場をお借りして感謝申し上げます。
こうして、現地の皆さんの声を形に残すことができて嬉しいです。

南信州交流の輪からは、来年度(平成26年度)、伝統野菜の座学と現地学習会の講師のご依頼をいただきました。
一般の方の参加もできますので、詳細が決まりましたら、ご案内致します。
このレポートの内容も盛り込んでお話しする予定です。

南信州交流の輪 伝統野菜 横山タカ子