シニア野菜ソムリエクボジュンの活動ブログ

2014年02月28日Fri

農水省訪問

 

農水省の「農業女子プロジェクト」を応援する、農業女子プロジェクトサポーターズに登録しています。

昨日、同じくサポーターの長野市・かまくらひかるさんの案内で農水省を訪問し、ご担当者へご挨拶させていただきました。
農水省 農業女子プロジェクト 野菜ソムリエ

今回の雪害についての情報交換や、クボジュンが長野県より“名人”として委嘱され、長野県の農畜産物ブランドを発信する「おいしい信州ふーど(風土)」の取り組みについても意見交換。

手土産に南信州のブランド干し柿・市田柿を持参し、この日、他にお会いした方々にも市田柿をお渡ししました。
おぐねーが市田柿親善大使なら、クボジュンは??(笑)

農水省訪問の他には、ひかるさんが毎月参加している国際戦略セミナーへ初参加。
国会議員の先生の講演をお聴きし、日本の農業の現状やTPPについて分かりやすく教えていただきました。

国際戦略セミナー会場近くの国会議事堂前にて。
国会議事堂 野菜ソムリエ

ひかるさんと☆
国会議事堂 かまくらひかる 野菜ソムリエ

過密スケジュールでしたが、超充実の東京滞在でした。

 

「南信州うまいものマーケット」
2月23日(日)名古屋 金山総合駅連絡橋イベント広場にて開催されました。
http://www.pref.nagano.lg.jp/shimochi/shimochi-seisaku/pressreleases/documents/260220festival.pdf

クボジュンは、南信州の“おいしい信州ふーど名人”としてイベント全体のPRのお仕事をしてきました。
南信州うまいものフェスティバル 名古屋 野菜ソムリエ

おいしい信州ふーど名人の委嘱自体は当然、無報酬ですが、委嘱していただいたからには、肩書きだけで終わるつもりはありません。
南信州、そして信州のPRを自ら積極的に行いたいと思っています。

会場は日の当たらない屋内で、外からの冷たい風が吹き抜け、信州人の私たちが凍えるほどの寒さ。
南信州から行けば名古屋は暖かいだろうと出かけたのですが…。

そんな中でも、売切れ商品続出の盛況ぶり。
リンゴ、漬物、赤飯まんじゅうなどが人気を集めていました。

早々に売り切れてしまったリンゴは、お客様から「南信州と言えばリンゴだろ!なんでたくさんリンゴを持ってこないんだ!」と受けるほど、南信州のリンゴの人気の高さを改めて実感しました。

こちらは出店者の旭松食品さんと。
飯田市が本店で、こうや豆腐が主力商品です。
旭松食品 野菜ソムリエ

長野県のゆるキャラ、アルクマくん。
女性や子どもから大人気でした。
アルクマ 長野県 野菜ソムリエ

アルクマくん、長野県地産地消推進キャラクターの“旬ちゃん”と。
この2体に囲まれての写真、なかなか貴重です。
アルクマ 旬ちゃん ゆるキャラ 長野県

寒い中、お立ち寄りくださった皆さま、会場に駆け付けてくださった名古屋の知人の皆さま、ありがとうございました☆

翌日は引き続き名古屋で個別商談会があり、主催の長野県下伊那地方事務所と飯田信金さんのご厚意で、三越伊勢丹や小田急百貨店等のバイヤーさんにお引き合わせいただきました。

地方事務所の皆さま、信金さん、充実の名古屋出張をありがとうございました。

 

クボジュンのレポートが本になりました!

南信州交流の輪 横山タカ子 伝統野菜

昨年(2013年)、南信州交流の輪主催の「新・地域づくりフォーラム」のパネルディスカッションに、パネリストとして登壇させていただきましたが、その事業報告書の中で、飯田下伊那の伝統野菜など地域野菜の現地レポートを10ページにわたり、書かせていただきました。

下記の6種類について取り上げています。
ていざなす(天龍村)、鈴ヶ沢なす(阿南町和合)、下栗いも(飯田市上村)、伍三郎うり(天龍村)、清内路かぼちゃ(阿智村清内路)、小野子人参(飯田市上久堅)

南信州交流の輪 伝統野菜 横山タカ子

現地に何度も足を運ばなければ聞くことや知ることができなかった内容ばかり。
写真もほぼすべて、クボジュンが実際に現地に出かけて収穫を体験したり、栽培に携わる中で撮りためたものです。

南信州交流の輪の事務局の方から、これまでの冊子に書かれているような学術的なことはいらない、このレポートはクボジュンにしか書けないからと、執筆を依頼されました。
クボジュンのこれまでの集大成とも言えます。
残念ながらこの本は補助金で作られているため販売できないのですが…。

このレポートを書くにあたっては、これまで圃場を案内してくださったり、栽培に声を掛けてくださったり、情報提供してくださった、たくさんの方のおかげです。
この場をお借りして感謝申し上げます。
こうして、現地の皆さんの声を形に残すことができて嬉しいです。

南信州交流の輪からは、来年度(平成26年度)、伝統野菜の座学と現地学習会の講師のご依頼をいただきました。
一般の方の参加もできますので、詳細が決まりましたら、ご案内致します。
このレポートの内容も盛り込んでお話しする予定です。

南信州交流の輪 伝統野菜 横山タカ子

 

このたび、6次産業化プランナーに採用されました。

6次産業化プランナー 野菜ソムリエ 長野県

6次産業化プランナーとは
6次産業化を目指す農林漁業者やその他事業者に対し、アドバイスや事業計画策定支援、各種制度の活用手引きなどを行う「高度専門人材」です。
6次産業化中央サポートセンターHPより)

 

わたくしクボジュンは農業分野において、農業者の皆さまのニーズに応じ、得意分野である加工や販路開拓、異業種との連携などの分野について、6次産業化の取り組みに対するご支援を致します。

 

派遣申し込みに関しては、6次産業化サポートセンターHPをご覧ください。

http://www.6sapo-center.net/index.html

 

プランナー検索ページで、「久保田淳子」で検索していただくと、クボジュンの登録情報が表示されます。
https://sys.6sapo-center.net/?cmd=search&qz_tpl=6sapo_planner

 

クボジュンへの直接のご相談、お問合せもお受けしております。
問合せフォームより、お気軽にお問合せください。

 

松本市議の小林 あや議員のお誘いで、松本市立波田中学校の給食を見学・試食する機会をいただきました。

野菜ソムリエ 給食 食育 長野県

給食前に校長室で、栄養士の先生に現状をお聞きし、試食後は食育を展開する野菜ソムリエの立場で気付いた点をお伝えしました。

波田中学校 給食 食育 松本市

つい先日、飯田市の竜東中学校に交流給食に行ったばかり。
比較をしながら勉強させていただくことができました。

栄養士の先生や調理員の皆さんが、生徒たちに安全でおいしい給食を食べてほしいと奮闘されている様子はどこも同じ。
頭が下がる思いです。

給食 松本市 食育 長野県