シニア野菜ソムリエクボジュンの活動ブログ

4/30のFM長野「Vitamin Marche(ビタミンマルシェ)」内で、クボジュンの電話インタビューが放送されました!
この日のテーマは「山菜」。

山菜についてご紹介し、タケノコ、こごみをピックアップしてお話しさせていただきました。

Facebookで事前に告知したこともあり、たくさんの方から放送を聴いたとコメントやメールをいただいたり、ちょうど夜、飯田市の会議があったのですが、会議メンバーの何人かの方からも「聴いたよ」と声を掛けていただき、嬉しかったです。

こうやってクボジュンを応援してくれる飯田下伊那、伊那谷の方たち、やっぱりここの人たちは温かいなと、ウルウルきちゃいました。

北信や東信の知人からも聴いたとコメントがあり、反響の大きさに感激です。
「旬の物の美味しい頂き方をご紹介頂いて嬉しかったです。」というコメントもいただきました。

番組後のブログでは、パーソナリティーの高寺直美さんがクボジュンのことを
「野菜に関する知識はかなり豊富なご様子なので、また機会があればご登場いただきたいなぁなんて個人的には考えています(^^)。」
とご紹介いただいています☆

FM長野「Vitamin Marche」ブログ
http://www.fmnagano.com/marche/2.html

今後また出演する機会をいただいたら、情報量や内容の濃さで、リスナーの方に喜んでいただくことができたらと思っています。
お聴きいただいた皆さま、ありがとうございました!!

 

クボジュンの住む長野県の伊那谷・上伊那の名物「ソースカツ丼」の大盛り!

ソースカツ丼 伊那市 駒ケ根市 志をじ

伊那市の志をじにて。

クボジュンは、“小”をオーダーしました。
中サイズと迷ったけど、小サイズでもお腹いっぱい!!

…あっ、大盛りの1切れももらったけど。。。

 
4月で開店から2年を迎えた、飯田駅前のYui Cafe Izumi

オープン当初から、クボジュンプロデュースのスムージーをメニューに置いていただいています。
スムージー Yuicafeizumi 南信州

デビュー作「イチゴとミニトマトのスムージー」は、季節ごとに変わる地元野菜のスムージーの中でも一番人気。

春の定番メニューとなり、このスムージーも3度目の登場となりました。

地元のイチゴ、飯田市上郷の“とくちゃんのミニトマト”を使っています。
とくちゃんのミニトマト スムージー 南信州 野菜ソムリエ

Yuicafeの店内は、地元の木材をふんだんに使用した、温もりあふれる空間。
隠れ家的で、コアファンが多いカフェです。

Yuicafeを運営する、いずみの家の手作りパンのファンも多し。

いずみの家さんのように、決して派手ではないけれど、地道に地域のために頑張るお店をこれからも応援し、共に成長させていただけたらなと思います。

 
「SURVIVE WORK SHINSHU ☆イケダハヤト × 長野県コワーキングスペース運営者4名によるトークセッション☆」の翌日。
ワインを飲みながら夜中に参加を決めた、念願の“なのだ”(空き家から始まる商店街のにぎわいプロジェクト-nanoda-)のイベントにゲスト参加しました。
イベント名は…
【nanoda2周年記念企画】 大門商店街でお花見なのだ! 「花より団子より三河屋の馬肉スキヤキなのだ!」
nanoda 野菜ソムリエ 塩尻市 空き家
お花見にかけて桜肉(馬肉)のすき焼き。
馬肉のすき焼き、生まれて初めて食べました。
馬肉 野菜ソムリエ nanoda
なんたる贅沢☆ あっという間になくなっちゃいました。
お肉と一緒に食べる野菜を選ばせもらい、塩尻産をはじめ中信の地物野菜をたっぷり準備。
お肉も野菜も新鮮で、いくらでも食べられちゃいました。
塩尻市 野菜ソムリエ 中信 すき焼き
『市民タイムス』さんが取材に来ていて、クボジュンも市民タイムスデビュー☆
左端がクボジュンです。
市民タイムス 野菜ソムリエ nanoda
この2日間の塩尻滞在、塩尻に集う熱い方たちからパワーをたくさんもらって飯田へ帰ってきました。
思いがけない出会いや情報、仕事のヒントを得られたり、行き当たりばったり最高です!!

 

2日前、塩尻市民カルチャーセンター「野菜ソムリエによる美容・健康のための野菜講座」の講師のお仕事のため、塩尻市へ行ったばかりでしたが、イベント参加のため1日おいてまた塩尻へ。

SURVIVE WORK SHINSHU ☆イケダハヤト × 長野県コワーキングスペース運営者4名によるトークセッション☆

フリーランスのプロブロガー イケダハヤトさんのお話しに刺激を受けまくりでした!

イケダハヤト えんぱーく 塩尻市 野菜ソムリエ

イケハヤさんのプロフィール紹介のところで「生き残るためにフリーランスになりました」とありました。

フリーランス イケダハヤト 野菜ソムリエ

まだまだ日本では、フリーランスという働き方は認められていないけれど、これからはフリーランスの時代が絶対にやってくると思っています。

クボジュンもフリーランスで生き残ってみせます!

フリーランスで見返してみませす!!

このイベントに関連して、参加者が10年後の夢をスケッチブックに書くという企画をやっていて、クボジュンも会場で書きました。

クボジュンの夢は明確です。

夢と言うよりは目標かな?

イケダハヤト フリーランス 野菜ソムリエ クボジュン

その後の交流会ではクボジュンの野菜ソムリエの仕事についてイケハヤさんにご相談しアドバイスをいただけました。

まだまだ頑張りが足りないなと反省。

もっと頑張らなくてはとますます気合が入りました。

交流会後は、ずっと行ってみたかった“なのだ”(空き家から始まる商店街のにぎわいプロジェクト-nanoda-)に移動。

塩尻ワインを愉しみながら、まちづくりに携わる若い世代の方たちと語り、テンション上がりっぱなしでした。

塩尻ワイン 井筒ワイン 野菜ソムリエ

おかげですっかり気分が良くなり、ホテルのお風呂で湯船に浸かったまま1時間ほど爆睡(^_^;)

下の写真は、 トムズレストランさんによる交流会のお料理。 飯田下伊那でお馴染みの春の味覚・山菜の“うこぎ”のジュレです!

うこぎ おこぎ 飯田下伊那 山菜 野菜ソムリエ

 

ゲスト審査員として、飯田市の人気洋菓子店・TOPの原社長と一次書類審査から参加させていただいた「おやつコンテストinたかぎ」

応募作品のレシピ集が発行になりました!
喬木村 レシピ集 おやつコンテスト カルラデザイン

裏表紙には、クボジュンのメッセージを添えさせていただいてあります。
喬木村 レシピ集 おやつコンテスト

最終審査に選出した5作品以外も、食べてみたいものばかりです。
クボジュンもお家で個人的に作ってみたいなと思います☆

無料配布しているそうですが、信濃毎日新聞、南信州新聞に掲載された反響で、既に残り少ないようなので、ご希望の方はお急ぎください!!
喬木村 南信州新聞 信濃毎日新聞
4/2付 南信州新聞より

 

東京・中目黒のsolfa Tokyoを会場に、2か月に一度開催されている長野県民DJによるご当地イベントに初参加。
音楽を楽しみながら、長野県のお酒や食べ物を味わい、語り合うイベントです。
長野県 東京 solfa

長野市の政治活動女子・かまくらひかるさんに誘ってもらったのですが、企画発案者のオーナーDJが、クボジュンと同じ飯田市出身ということもあり、応援しないわけにはいかないでしょってことで、クボジュンも主催者の一人に加えてもらい、高速バスで片道4時間かけて出かけてきました。

前日は嵐だった東京ですが、この日は都内各地で桜が満開。
会場近くのお花見スポット、目黒川の夜桜も満開でキレイでした☆
目黒川 solfa  中目黒

イベントのスタートは小布施の地酒「北信流」で乾杯!
乾杯 北信流 小布施 日本酒

日本酒 小布施 北信流

その後は塩尻ワインと長野県の食べ物を堪能☆
塩尻ワイン 

飯田からは今回、お肉を協賛いただきました。
肉のスズキヤ 3びきのこぶた 遠山ジンギス 幻豚ウィンナー

コラボ弁当などお仕事でいつもお世話になっている、3びきのこぶたさんからご提供いただいた「幻豚ウィンナー」はボイルして。
幻豚ウィンナー 飯田市 3びきのこぶた
協賛数はなんと約100本!さすが古田社長、太っ腹です。

肉のうまみがギュッと凝縮されていて、何もつけなくてもそのままでおいしい。
あっと言う間になくなりました。

仲良くしていただいているジンギスカンと山肉専門店 肉のスズキヤさんの遠山ジンギスからは、マトン、ぶたじん、とりじん。
遠山ジンギス とりじん ぶたじん

野菜と炒めて、参加DJの実家で作った上田産のご飯にのっけてジンギス丼に☆
マトンの焼肉で育った飯田下伊那人としては、マトンが飯田下伊那出身者以外にも、県外出身者の方にも好評で嬉しかったです。
遠山ジンギス 飯田市 マトン

遠山ジンギス ジンギス丼 飯田市

出ました!長野県の珍味のひとつ“いなごの佃煮”。長野県民ならこれは外せませんね(^_^;)
昔は貴重なたんぱく源。今は珍味として親しまれています。
いなご 長野県 珍味

クボジュンが保育園児の時、田んぼにいなご狩りに行き、その日のおやつに自分たちで捕まえたいなごが素揚げされ、甘辛く味付けされて出てきたのを今でも覚えています。。。
もちろん今は、子どもにいなごを食べさせる習慣はありませんからねっ。

駒ケ根市に工場のある養命酒さんからは、新発売のハーブのお酒と「食べる前のうるる酢」の協賛。
カクテルにしてもらって、おいしくいただきました☆
養命酒 ハーブのお酒 駒ケ根
養命酒 駒ケ根 酢

スズキヤさんの秋葉街道マップ、店内に貼られていました。
遠山郷 飯田市 スズキヤ

南信州、飯田市のパンフレットも!
飯田市 南信州

自分の出身市町村を長野県の地図に書き込みましたよ。
クボジュンはちゃっかり、飯田市のど真ん中に(笑)
長野県

クボジュンと同じ上郷出身の子に出会えたり、所属する小野子人参クラブの上久堅出身の子もいて、小野子人参のおいしさを逆PRしちゃいました。

飯田下伊那出身のみんなと☆
飯田下伊那 solfa 東京

長野県産づくしのおいしいお酒においしい料理、そして長野県出身という共通点があればそれだけで十分、盛り上がります。
都会で頑張る長野県出身の若者との交流から、たくさんパワーをもらえて、東京で長野県の魅力を感じて…。

東京で活躍しているこの若い世代の子たちが地元に戻ってきてくれたら、もっと街が元気になるんだろうな。
仕事がないので戻ってきてもらうのは簡単なことではないけれど、長野県が若者がもっと戻ってきやすい、起業しやすい環境になるように、地元で起業し自ら業を興したクボジュンの経験をお役に立てられればと思います。

今回は時季的に野菜を用意できなかったけれど、野菜ソムリエ的には次回以降は野菜も提供できたらいいな。
伝統野菜も若い子に味わってほしい☆

素敵なイベントを企画してくれている飯田出身の柏木さん、声を掛けてくれたひかるさん、ありがとう!!