Archive for 7月, 2014

7/30のFM長野にスタジオ生出演で、“信州の伝統野菜”のなすについて紹介。

下伊那郡天龍村のていざなす、同じく下伊那郡阿南町の鈴ヶ沢うり、クボジュン自ら下栗の畑で栽培した飯田市上村の下栗いもを、パーソナリティーの高寺さんのにプレゼントさせてもらったところ、翌日のブログに取り上げていただきました☆

http://fmntakatera.naganoblog.jp/e1542571.html

 
FM長野にスタジオ生出演してきました!
「なす」をピックアップして、なすの基本知識をはじめ、“信州の伝統野菜”に登録されている小布施丸なす(小布施町)、ていざなす(下伊那郡天龍村)、鈴ヶ沢なす(阿南町)についても、特徴やおいしい食べ方を解説。
ていざなすと鈴ヶ沢なすは、飯田から持参しました。
なす嫌いの子どもでもチャレンジしやすいレシピもご紹介。
子どもの頃はなすが苦手だったけれど、大人になったらおいしく食べられるようになったという方もいれば、未だになすが食べられないという方からのメッセージもあり、「どうしたらなすが食べられるようになるでしょうか」との質問が。
50年来なすが嫌いだったけれど、ていざなすと出合ってなすが食べられるようになったという方の話をして、質問をしていただいた方は信州最南端の天龍村からは遠く離れた長野市の方でしたが、「ぜひ一度ていざなすを食べてみてもらえたら」とお伝えしました。
地元・飯田下伊那の方からも、いくつもメッセージがあり嬉しかったです。
クボジュンプロデュースのYuicafeのスムージーいつも飲みに出かけてくれているという方からのメッセージも。
いつも応援、ありがとうございます☆
ラジオを聴いてくださった方も、ありがとうございました♪
FM長野 ビタミン・マルシェ 高寺直美 ていざなす 小布施丸なす 鈴ヶ沢なす
FM長野本社前で、ていざなす(左)と鈴ヶ沢なすを手に。

 

FM長野の番組「Vitamin Marche~ビタミン・マルシェ~」

ついにスタジオ生出演します!

 

テーマは「なす」。

おいしい信州ふーど(風土)名人のクボジュンが、信州の伝統野菜の3つのなす(下伊那郡天龍村のていざなす、阿南町の鈴ヶ沢うり、小布施町の小布施丸なす)の紹介も交えながら、なすの魅力をお伝えします。

 

地元、下伊那の天龍村のていざなす、阿南町の鈴ヶ沢なすについては、スタジオに持参。

ていざなすは、当日の朝採りをなす爺がわざわざ飯田まで届けてくれ、鈴ヶ沢なすの手配も阿南町地域おこし協力隊の方にご協力いただきます。

 

●クボジュンスタジオ生出演~信州の伝統野菜のなす紹介~

FM長野 Vitamin Marche~ビタミン・マルシェ~

7月30日(水)15:00~15:50

 

環境が許す限り、お聴きいただけたら嬉しいです☆

 

 

 

 

 
「信州 山の日」にふさわしく!?
本の取材で、“日本のチロル”飯田市上村下栗地区へ下栗いもの取材に行ってきました。
下栗 南アルプス はんば亭
栽培で何度も足を運んでますが、おいもの師匠である下栗の皆さんに、改めて下栗と下栗いもの魅力について取材。
下栗の人は皆、そこに生まれ、そこで一生暮らし続けることを誇りに思って生きている。
「自然の中でありのままに生きていられること」がここの魅力だと。
まだまだ知らない魅力がいっぱいの飯田下伊那。
人々の人なつこさと温かさからも、飯田下伊那がますます好きになりそうです☆
食を通じ、地域に入って地域の人と深く交わる中で感じた、飯田下伊那の魅力を本に表現できたら…。
飯田下伊那の地元の人がこの地域の魅力を再確認したり、地域外に新たにファンになってくれる人が増えたらいいなと思っています。
クボジュンがお借りしている下栗いも畑にて。
下栗いも 伝統野菜 長野県 飯田市
飯田市南信濃の肉のスズキヤさんにも立ち寄りました。
出版社の方、カメラマンさんも一緒に。
肉のスズキヤ ジンギス 遠山郷 南信濃
遠山郷満喫の1日でした。
今後の取材も楽しみです!

 

このたび、第5次飯田市基本構想基本計画推進委員に委嘱されました。

 
公募で意見・提言をまとめた作文を提出のうえ選考され、推進委員に。
飯田市 基本構想基本計画 推進委員

私は若い世代、若い女性の視点で、会議に積極的に参加できればと思います。

8月お盆明けから、9月第3週目まで毎週日曜日、第1弾の会議が行われます。

 

松本市のコワーキングスペースKnower(s)さんで、美容・健康ドリンク講座を開催します♪

 

日  時:8月6日(水)10:00~11:30
参加費:1,000円(レシピ・材料費込)
定  員:10名
持ち物:エプロン

ーーーーー↓お申し込みはこちらから↓ーーーーー http://knowers.doorkeeper.jp/events/13347
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Knower(s) 松本市 コワーキングスペース

 

野菜・果物は、夏バテ防止に効果的なカリウムが豊富。
ドリンクなら素材を丸ごと使うので、野菜・果物に含まれる栄養素を効率良く摂取できます。
暑さで食欲の落ちる季節も、ドリンクで手軽に栄養補給しましょう。
親子で参加して夏休みの思い出にもどうぞ☆

 

場所:コワーキングスペースKnower(s)
長野県松本市大手1-3-29 丸今ビル1F
http://knowers.jp/

 

連絡先:0263-34-3710、又はhello@knowers.jpまで。

 

クボジュンの住む長野県飯田市のお隣、下伊那郡阿智村清内路(せいないじ)の伝統野菜に関する打合せで清内路へ。

伝統野菜の“清内路きゅうり”と“清内路にんにく”をいただいちゃいました!

清内路きゅうりは朝採りです。

信州の伝統野菜 阿智村清内路 きゅうり にんにく

 

清内路きゅうりは、長さ25~30センチと大型で、果皮が厚くて硬いのが特徴。

生食では少し苦味があるため、地元では主に漬物にして食べられてきました。

 

清内路にんにくは、約70gで小型、皮の鮮やかな紫色に特徴があります。

 

清内路の伝統野菜と言えば、きゅうりとにんにくの他に、黄いも、かぼちゃ、赤根大根があります。

伝統野菜の宝庫である飯田下伊那の中でも、宝庫中の宝庫です。

 

クボジュンは、2012年に清内路の伝統野菜を使った料理教室の講師をさせていただいたのがきっかけで、それ以降、清内路の伝統野菜に関わらせてもらってきました。

 

メディアで清内路かぼちゃについて発信したり、定植作業や収穫のお手伝いをしています。

 

今年の定植作業の様子→http://kubo-jun.com/?p=1108

 

新聞やラジオなど、メディアでも紹介したこともあり、いつも「クボジュンさんなら」と、快く協力していただき、よくしていただいています。

 

伝統野菜を通じて清内路の魅力を発信したり、地域の方の想いを届けることで、お返しができたらと思っています。

 
飯田市竜丘長野原地区 記念すべき第1回の女性委員会主催のスムージー講座で、講師をさせていただきました。
定員を超えるたくさんの方がご参加くださり、スムージー作りの前は、美容・健康と野菜・果物の関係についてミニ講座。
美容 健康 アンチエイジング 野菜ソムリエ 
参加者の方から、「クボジュンさんをいつも新聞で見ていたけど、実際にお会いするのは初めてで嬉しい」等々、たくさん声を掛けていただき、皆さんに温かく迎えてもらいました。
こんな手書きの横断幕も、嬉しかったです☆
野菜ソムリエ スムージー 美容 健康 講座
地元の地区限定のアットホームな講座はとても楽しく、原点に帰ることができました。
中信エリアでお仕事をさせていただく機会も増えたことで、逆に地元・飯田下伊那でお仕事が戻ってきているように最近感じます。
ビジネスにこだわると、絶対的に人口の少ない飯田下伊那だけでは食べていくには厳しく、飯田下伊那外のお仕事も増やしていかなくてはいけないわけですが、「もっと飯田でやってください!」と言っていただき、私の存在意義はやはり、ここ飯田下伊那にあると思いました。
だから、「せめて松本に住所がなければ、長野県では通用しない」とはっきり言われようが、私はこの飯田拠点にこだわるのです。
地元出身者が活躍しづらい地域ではありますが、もっともっと地元で愛される存在であってこそと思います。
クボジュン シニア野菜ソムリエ 
スムージー 野菜ソムリエ 講師
スムージー 野菜ソムリエ 講座

 

6月29日に開催した、クボジュンと行くお茶摘みとお茶作り体験ツアー第1弾~天龍村中井侍編が、2014年7月2日付 南信州新聞に掲載されました。

 

写真は製茶体験の様子。

右端がクボジュンです。

 

クボジュンのコメントも記事に書かれています。

南信州新聞 お茶摘み 天龍村 中井侍

 

6月30日、長野県下伊那郡阿智村の昼神温泉で開催したそば打ち体験イベントが、2014年7月1日付 南信州新聞に掲載されました。

クボジュンがそばについてのミニセミナーをしたことも書かれています。

 

写真左手前がクボジュンです。

昼神温泉 阿智村 そば打ち 野菜ソムリエ

同日の南信州新聞2面には、クボジュンが講師を務めた職業学習体験講演会の記事も掲載されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
1 / 212
シニア野菜ソムリエクボジュンの活動ブログ