シニア野菜ソムリエクボジュンの活動ブログ

8/25(月)に長野朝日放送「ABNステーション」で紹介された、クボジュンオリジナルの伝統野菜料理(下伊那郡天龍村のていざなす)のレシピです。

 

●ていざなすのトマトチーズグラタン

【材料】

ていざなす …  1/2本

トマト  … 1/2個

ニンニク … 1片

豚ひき肉 … 50g

ピザ用チーズ … 40g

塩・こしょう … 適量

オリーブオイル  … 大さじ1と小さじ1

 

【作り方】

①  ていざなすは縦半分に切り、スプーンで内側をくり抜く。

一口サイズに切っておく。

②  フライパンにオリーブオイル大さじ1をひき、なすを炒める。

全体に油が回ったら取り出しておく。

③  再度フライパンにオリーブオイル小さじ1をひき、みじん切りにしたニンニクを炒め、ひき肉を入れる。

ひき肉に火が通ったら、なすを戻して軽く炒め、塩・こしょうをしっかり振る。ざく切りしたトマトを加え、トマトがくたくたになるまで炒める。

④  なすの器に入れる。ピザ用チーズをかけてオーブントースターで7~8分焼く。

伝統野菜 ていざなす ABNステーション 長野朝日放送

 

8/25(月)に長野朝日放送「ABNステーション」で紹介された、クボジュンオリジナルの伝統野菜料理(下伊那郡天龍村の伍三郎うり)のレシピです。

 

●伍三郎うりのキムチ炒め

【材料】

伍三郎うり …  1/4本

豚こま切れ肉 … 100g

キムチ … 100g

しょうゆ … 小さじ1

サラダ油 … 小さじ1

ごま油  … 小さじ1

 

【作り方】

①  伍三郎うりは、縦に数か所皮をむき、いちょう切りにする。

②  フライパンにサラダ油をひき、豚肉を炒める。

③  豚肉の色が変わったら、キムチを入れてしょうゆで味を調える。

④  伍三郎うりを加えて透き通るまで炒め、最後にごま油を入れて完成。

伝統野菜 伍三郎うり ABNステーション 長野朝日放送

 

2015年春に、長野県南信州・飯田下伊那の伝統野菜を中心に、地域の魅力を紹介する本を出版予定ですが、その取材で飯田下伊那のおいも4種類の産地を巡りました。

 

秘境・長野県飯田市上村下栗地区の下栗いもは、クボジュン自身がお借りしている畑で栽培されたもの。

その他は、取材の際に収穫を体験させていただき、生産者さんのご厚意でいただいてきたものです。

 

4種類そろったので、食べ比べ☆

左から

・下栗いも(長野県飯田市上村下栗

・清内路黄いも(長野県下伊那郡阿智村清内路

・むらさきいも(長野県下伊那郡売木村

・平谷いも(長野県下伊那郡平谷村

信州の伝統野菜 いも 長野県 芋

茹でて切ってみると、実の色の違いが歴然です。

味もそれぞれに特徴があるのが分かりました。

 

飯田下伊那の伝統野菜のおいもを、しかも4種類を同時に食べ比べてきてしまうなんて、貴重すぎます。

 

それぞれのおいもの特徴は、出版予定の本に掲載予定です。

お楽しみに!

 

 

 

 

8/6に松本市のコワーキングスペースKnower(s)で、スムージー講座を開催しました。

講座概要はこちら→http://kubo-jun.com/?p=1338

夏休み期間中ということもあり、親子での参加も。

 

まずはじめに、スムージーのメリットや注意点についてお話しし、どんな野菜、果物がスムージーに使えるかをご紹介しました。

Knowers スムージー講座 松本市

その後、2種類のスムージーについて作り方を説明し、参加者の皆さんにグループに分かれて実習してもらいました。

スムージー講座 野菜 長野県

野菜は飯田下伊那産を持参。

使う食材は、旬に合わせて選びます。

スムージー トマト パプリカ

ミキサーで撹拌して完成。

スムージー講座 野菜ソムリエ 信州

みんなで試飲。

スムージー講座 長野県 講師

その後はざっくばらんに、質問タイム。

おすすめのスムージーの組み合わせから、野菜のことまでお答えしました。

 

既に家でスムージーを作っているというママさん、いつも同じ組み合わせでマンネリしていたので、今回のレシピも取り入れてみたいとのこと。

スムージーが初めての参加者の方にも、意外なおいしさを発見していただけたようです。

 

 

「地域に飛び出す職員支援研修」で、地域活動実践者として、南信エリアの長野県職員の皆さまに活動紹介をさせていただきました。

長野県 地域に飛び出す公務員 地域活動実践者

職員の皆さまが地域に飛び出すきっかけづくりとすることが、この研修の目的です。
初の試みで南信が初回でした。

私は伝統野菜を通じた地域づくり活動を紹介。
「おいしい信州ふーど(風土)」や南信州の伝統野菜の冊子を配布して、解説も。
伝統野菜を持参して、実際に手に取っていただいたりもしました。

明治大学 藤江昌嗣 看護大学 駒ヶ根

信州の伝統野菜が現在何種類あるかの問いには、正解に近い回答をされた方はなく、担当業務以外のジャンルでも、まずは地域の魅力に関心を持っていただくことが必要なのではと思いました。

「どうやって地域に飛び出していったのか」という質問や、何人かの職員の方からは私が携わっている伝統野菜の栽培に参加してみたいと、声を掛けてくださり、職員の方の地域に飛び出したいという意欲を感じました。

これをきっかけに、長野県の活性化のため、県の職員の皆さまとも地域活動でご一緒できれば嬉しいです。

 
お待ちしています。