シニア野菜ソムリエクボジュンの活動ブログ

このたび発行の母校・飯田高校同窓会報に、「飯田下伊那の伝統野菜」を寄稿しました。
3面の「古里からの情報 帰っておいな」のコーナーです。
650字という限られた文字数ですが、信州の伝統野菜の概要、なぜこの地域に伝統野菜が多いのかに始まり、実際に私が栽培に関わる2つの伝統野菜について紹介しています。
最後は「いずれリニア(中央新幹線)が来た時に、おいしい伝統野菜を目指して飯田下伊那に足を運んでもうらうことができたらと思います。」と締めくくりました。
原稿の依頼をいただいたのが6月で、私が講師を務めた伝統野菜の講座に参加してくださった同窓会報編集員の方から。
草稿した際、「すばらしい!ありがとう。あなたと、あなたのやっていることは飯田下伊那の宝です。」と仰っていただき、校了の際は 「おかげですばらしい記事になりました。 これもあなたが今されているお仕事が立派だからこそです。」と、編集員の方からの御礼の一筆。
高校の大先輩方も私の活動を認め、応援してくださっていること、とても嬉しく心強いです。

食の地域活性化プロデューサー/南信州伝統野菜コンシェルジュ

クボジュン

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

母校、長野県立飯田高校同窓会「ユリノキ会」の講演会へ。

講師は2つ先輩、ミュージックステーションなどのセットを担当する、セットデザイナー tamako☆さんでした。

飯田高校 ユリノキ会 長野県

tamako☆ セットデザイナー テレビ朝日

同じ時期に同じ高校にいた先輩、しかも女性の方が、第一線でご活躍されているご様子に、とても刺激をいただきました。

飯田高校 長野県 進学校

食の地域活性化プロデューサー/南信州伝統野菜コンシェルジュ

クボジュン

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

 

2015年春に出版する本の取材で、長野県最南端の下伊那郡天龍村坂部(さかべ)地区へ。

今回はソレイユの松澤 南さんにカメラマンをお願いし、この飯田下伊那では坂部地区だけで栽培されてきた「八つ頭(やつがしら)」という里芋を取材。

 

天龍村地域おこし協力隊が栽培する畑に、案内してもらいました。

天龍村 坂部 八つ頭

協力隊の畑は、八つ頭づくり名人の畑で、坂部で人が住んでいる一番奥地だそうです。

 

とにかく深かった。 これまで数多くの伝統野菜の産地を訪ねて、南信州の秘境をたくさん見てきましたが、まだまだ未体験の山深さがあることを思い知らされました。

 

八つ頭の畑からは、手を伸ばせば届きそうなところにある少し進んだ紅葉と、雨上がりに天竜川から昇る霧、南信州の秋の風物詩・市田柿の光景が。

原風景そのものです。

市田柿 南信州 紅葉

帰りには、関京子さんのお宅にお邪魔して、八つ頭のくるみ和えをご馳走になりました。

 

食の地域活性化プロデューサー/南信州伝統野菜コンシェルジュ

クボジュン

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

2015年春に出版予定の本の取材。

信州の伝統野菜に認定されている、下伊那郡阿智村清内路(せいないじ)の赤根(あかね)大根をしました。

 

清内路は、同じく伝統野菜の清内路かぼちゃの栽培のお手伝いに通ったり、清内路の5つの伝統野菜の料理教室の講師をさせていただいたり、以前から何度も足を運んでいる地域です。

 

昨年は、信越放送SBCラジオ「伊那谷めぐりあい」で、赤根大根を紹介させてもらい、その際にも取材に伺っています。

 

今回は、いつも清内路かぼちゃの栽培でご一緒させていただいている漬物名人の畑で撮影。

清内路 赤根大根 伝統野菜

その後、自宅で1年寝かした赤根大根の漬物とお茶を出してくれました。

「赤根大根の漬物があれば、お茶やお酒、何杯でもいける」

納得です。

櫻井一芳 漬物 赤根大根

食の地域活性化プロデューサー/南信州伝統野菜コンシェルジュ

クボジュン

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

 

 

2015年春に出版予定の本の取材で、信州の伝統野菜に認定されている、下伊那郡下條村の親田(おやだ)辛味大根を取材。

生産者組合長さんの畑を訪ねました。

下條村 親田辛味大根 伝統野菜

畑での撮影後は、ご自宅にあがらせていただいて、取材。

大根をおろして試食させてくれただけでなく、なんとお蕎麦まで出していただいてしまいました!

辛味大根 蕎麦 小木曽孝志 

あとからジワジワと辛味がやってきます。

お蕎麦の薬味にぴったりです。

 

食の地域活性化プロデューサー/南信州伝統野菜コンシェルジュ

クボジュン

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

2014年10月19日Sun

南信州獅子舞フェスティバル

 

長野県飯田下伊那地方を中心とする屋台獅子や神楽獅子の保存会などが集まる「南信州獅子舞フェスティバル」。

第7回が飯田市中心市街地(通称:丘の上)で開催されました。

 

お獅子、かわいくて大好きです☆

南信州獅子舞フェスティバル 飯田市 長野県

こちらは私の地元・上郷(かみさと)の飯沼諏訪神社奉納音楽獅子舞のお獅子。

 

子どもたちに紛れて、いい大人ですが、頭をかんでもらえました!

獅子舞 南信州 祭り

「そのひょうきんさは誰に似たんだろ?」と母が首をかしげてますが、お祭り好きはこの地域の血が流れている証拠!

南信州獅子舞フェスティバル 鼎 飯田市

 

飯沼のお獅子を動画でアップしました。

そのかわいさと力強さを見てください。

http://youtu.be/WSDZMmAqWVc?t=1m39s

飯沼諏訪神社音楽奉納獅子舞 上郷 リニア駅

 

 

 

日本のチロル・飯田市上村下栗(しもぐり)で、10月頭に収穫した蕎麦の脱穀作業。

下栗の師匠と他のグループの皆さんと一緒に、最高の脱穀日和の中、行いました。

遠山郷 下栗の里 日本のチロル

 

作業後は、恒例の遠山ジンギスのバーベキューで慰労会。

南信州流の交流です。

遠山ジンギス バーベキュー 飯田市 焼肉

いつもなら分校だった体育館の中でやるのですが、あまりにも天気が良かったので、バーベキューも屋外でやりました。

蕎麦 下栗 飯田市 秘境

食後は、下栗の里ビューポイントへ。 紅葉はまだまだ始まったばかりでしたが、県外からたくさんの観光客の方が来てくださっていて、その絶景に感激の声が聞こえてニンマリ。

下栗の里 ビューポイント 長野県

 

遠山郷は何度行っても、景色が良くて、何より人が優しくて。

今日も遠山郷で、素晴らしい景色に出合い、人の温かさに触れました。

 

長野ろうきん飯田支店様の積立預金キャンペーンで、私のスムージー作り体験を「特典」にご利用いただき、講師をさせていただいてきました。

スムージー 野菜ソムリエ 長野ろうきん

同店では、こういった企画は初とのことでしたが、女性職員の皆さんのセンスで、会場のディスプレイやセッテイングがキレイで華やかなのにまず感激。

細やかな気遣いで、女性が喜ぶありとあらゆる準備がされてありました。

講演会 野菜ソムリエ 長野県

 

女性限定、週末の会社帰りの女性で、賑やかな女子会となり、“特典”のお役目を果たせたかな?と思っています。

金融機関 特典 飯田市

そして講師のお仕事の後は、昨年の8月からずっと非公開で準備会議を重ねてきた「南信州次世代会議(仮)」の設立会議に、残り15分となってしまいましたが、2時間半遅れで駆け付けました。

 

2014年10月16日Thu

長野県 食のプロ勉強会

 

長野県内を拠点にそれぞれの食のジャンルで活躍されている皆さんが、勉強会のためはるばる飯田までお越しくださり、私も参加させていただけることに。

 

お昼は飯田市のロカンディーナミヤザワさん、夜は茅野市の和食から木さんで。

ロカンディーナミヤザワ 飯田市 イタリアン

和食から木 茅野市

その間は、飯田市のお隣・喬木村の柳坪 創太さんのドラゴンフルーツ、メイヤーレモン、パッションフルーツのハウスをご案内。ドラゴンフルーツ パッションフルーツ メイヤーレモン 長野県

得意の伝統野菜は、今回は時間的にご案内が難しかったので、同じ長野県でも、温かい南の気候だからできる食材ということで、選定しました。

 

それぞれのジャンルを極めていらっしゃる皆さんと1日ご一緒して、たくさん勉強させていただきました。

 

陸の孤島・飯田下伊那だけにいると、「井の中の…」になってしまいそうですが、飯田下伊那外で活躍されている方から刺激をいただいたり、外へ出て刺激を受ける機会が必要だなと思いました。

とても刺激的な時間をありがとうございました。

すし崇 テラス蓼科 御湖鶴 ジュレ・ブランシュ

馬渕博臣 シニアソムリエ 近藤昭等 霜田早苗 ざんざ亭

 

 

長野県飯田市千代の山奥、ごんべえ邑(むら)で行われた JAZZライブ「伊那谷サラウンドJAZZ」に出掛けてきました。

 

このホームページのデザインもしてくれている、飯田市のグラフィックデザイナー・松澤 南さん(ソレイユ)が主催。

私より年下だけど、いつも刺激を与えてくれ、私の活動も応援してくれている南さん。

お手伝いのスタッフもたくさんいて、これだけのことを成し遂げてしまう南さんの人徳、すごいなあ。

 

お昼過ぎから夕方まで、南信州の広くてキレイな青空の下、JAZZを聴きながらのんびり贅沢な時間を過ごしました。

 

たまには、こんな時間もいいよね??

飯田市 千代 ごんべえ邑 JAZZ 伊那谷サラウンドJAZZ 横山恭子 高免信喜

 
1 / 212