Archive for 4月, 2015

ずっと温めてきた本の出版。

今回の本の出版社オフィス エムの寺島さんと出会い、ついに実現します。

 

書籍タイトル『クボジュンが出会った~南信州を彩る伝統野菜』

2014年5月に寺島さんと出会った後、6月末には本の取材をスタートさせていました。

それから12月までの半年間、21種類もの南信州の伝統野菜や食材を、すべて現地に出向き、すべて生産者の方にお会いして直接取材をし、飯田下伊那8市町村を巡りました。

 

その後、冬から春にかけて、すべての食材について私自ら原稿と写真キャプションを書き上げました。

1年がかりで、ようやく本が完成します。

 

そしてなんと、本文に阿部守一長野県知事から素晴らしい推薦文をお寄せいただいています。

 

もう間もなく。ほんの少しだけお待ちください。

南信州 伝統野菜 飯田市 下伊那郡

 

ーー

クボジュン

おいしい信州ふーど(風土)名人/飯田・下伊那伝統野菜部部長

シニア野菜ソムリエ

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

2014年の終わりに、飯田商工会議所青年部に入会しました。

私が史上初の女性会員ということで、皆さんに気を使わせて申し訳ない気持ちと嬉しい気持ちと。

 

このたび飯田商工会議所にて平成27年度の定期総会が開催され、ラプリの伊藤篤会長のもと、事業・研修委員会の副委員長になりました。

 

素敵な名刺も作っていただきました。飯田商工会議所 青年部 リニア中央新幹線

既にスタートしている委員会事業の一つの地域商品開発は、これまでの野菜ソムリエの経験から力が発揮できそうなのと、委員長ともう一人の副委員長も熱い方たちでとても楽しみです。

 

三遠南信の交流など、私の今後の活動のプラスになることばかりなので、多忙な中でも時間をやり繰りして、積極的に参加していきたいと思います。

 

ーー

クボジュン

おいしい信州ふーど(風土)名人/飯田・下伊那伝統野菜部部長

シニア野菜ソムリエ

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

2014年10月にオープンした、長野県のアンテナショップしあわせ信州シェアスペース 銀座NAGANO

 

しあわせ信州朝クラスの第1期で、クボジュンの講演が決定しました!

http://www.ginza-nagano.jp/topics/2735.html

 

7月10日(金)第5回の中の「朝クラス講演会」にて

https://www.ginza-nagano.jp/event/2723.html

 

テーマ『南信州を彩る伝統野菜』

来月発刊の書籍タイトルと同じです。

 

限られた時間ではありますが、伝統野菜の宝庫である南信州の魅力を、伝統野菜の魅力とともにお伝えします。

 

朝ごはんメニューには「信州伝統野菜ていざなすの焼きびたし」も!

 

既にお申し込みが始まっています。
長寿日本一長野県の朝ごはんとともに、お待ちしています☆

 

ーー

クボジュン

おいしい信州ふーど(風土)名人/飯田・下伊那伝統野菜部部長

シニア野菜ソムリエ

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

鈴ヶ沢の伝統野菜 生産者会議と講演会にお招きいただき、参加してきました。

鈴ヶ沢とは、長野県下伊那郡阿南町和合地区の最奥地にある集落。

なす、うり、南蛮の3つの信州の伝統野菜がある秘境です。

5月22日発刊の著書『クボジュンが出会った~南信州を彩る伝統野菜』でも、この3種類を紹介しています。

 

鈴ヶ沢集落は、私の飯田市内の自宅から、片道約1時間半。

もちろん高速道路なんてものはありません。

 

生産者会議の様子です。

会場は、鈴ヶ沢冬季分校跡。

信州の伝統野菜 鈴ヶ沢 なす うり 南蛮

会議の後は、唐辛子研究の第一人者である、信州大学学術研究員(農学系)准教授、農学博士の松島憲一先生のご講演。

演題は「農による地域活性と鈴ヶ沢南蛮」

松島憲一 信州大学 唐辛子

鈴ヶ沢南蛮は、今年の2月に信州の伝統野菜に選定されたばかり。

これからの展開が楽しみです。

 

ーー

クボジュン

おいしい信州ふーど(風土)名人/飯田・下伊那伝統野菜部部長

シニア野菜ソムリエ

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

5月に発刊を控えた書籍『南信州を彩る伝統野菜』の関係で、大雨の中、オフィスエムの寺島さんと、平谷村→天龍村と回ってきました。

 

天龍村では結局、向方(むかがた)地区の秘境まで行くことに。

この日は朝から強い雨。
真面目に土砂崩れに怯えながらでしたが、昨夏に取材したおばあちゃんの家まで無事、たどり着きました。

天龍村 秘境 長野県

 

こたつを温めて待っていてくれて、おいしいお茶と大好きな梅漬けを出してくれて、心温まるひと時。

南信州の人の温かさを再認識。
やはり南信州は温かい!!

天龍村 向方 伝統野菜 伍三郎うり

 

ーー

クボジュン

おいしい信州ふーど(風土)名人/飯田・下伊那伝統野菜部部長

シニア野菜ソムリエ

 

長野市の八十二文化財団が発行する機関誌『地域文化』で、私の活動を大きくお取り上げいただきました。

八十二銀行の全支店、長野県内の市町村役場・図書館、長野県内全中学校、主要な博物館・美術館等に置かれていますので、ご覧いただけましたら嬉しいです。八十二文化財団 地域文化 長野県 機関誌

『地域文化』は昭和62年3月から年4回発行され、毎号、長野県に関係の深い人物・産業・自然などを紹介。

2015年春号の特集「伝えゆくもの」の中で、「伝統野菜に地域の魅力を込める」と題し、3ページにわたり特集していただいています。

八十二文化財団 地域文化 伝統野菜 

信州の伝統野菜のこと、

「クボジュン」のこと、
伝統野菜を通じた地域の魅力発信活動や栽培にも携わっていること、
地域資源としての活用にかける想い、
伝統野菜生産者の方々の足跡を残したいという使命感からも本の出版を決めたこと、
若い世代につなぐために地域づくり活動に参加し積極的に発言していることまで、

私の南信州への想い、南信州の未来への想いを深く力強く伝えてくださっています。

 

取材の際には、遠路はるばる長野市から南端までお越しいただき、素敵な文章にまとめていただき、ありがとうございました。

シニア野菜ソムリエ クボジュン 長野県

 

クボジュン

おいしい信州ふーど(風土)名人/飯田・下伊那伝統野菜部部長

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

南信州新聞主催 JAみなみ信州共催
「リニアシンポジウム~リニア新時代を見据えた地域の将来ビジョン~」

 

私もパネリスト参加した座談会記事が掲載になりました。

・4/9~11付の南信州新聞

・JAみなみ信州広報誌『しあわせ』

リニア中央新幹線 ビジョン 飯田市

パネリスト唯一の女性、断トツの最年少でした。

飯田商工会議所 会頭 柴田忠昭

ホテル弥生 南信州新聞 農業振興 

南信州の農産物のブランド化をはじめ、リニア時代を見据えた次世代の人づくり、地域づくりについても発言しました。

JAみなみ信州 組合長 矢澤輝海

 

飯田国際交流協会 満蒙開拓記念館

 

 

ーー

クボジュン

おいしい信州ふーど(風土)名人/飯田・下伊那伝統野菜部部長

シニア野菜ソムリエ

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 

 

下栗地区(長野県飯田市上村)の遊休農地利活用事業に参加して3年目を迎えました。

「下栗ボランティア」のメンバーとして、遊休農地をお借りし、下栗の農業チームの皆さんにご指導いただきながら、信州の伝統野菜「下栗いも」の栽培に通っています。

 

今日は種芋植え作業。

前職の後輩と、地元の高校生も一緒に参加してくれました。 高校生の彼は昨年、授業で南信州の伝統野菜を使って商品開発をしたことをきっかけに、伝統野菜についてもっと知りたいと、私に連絡をしてきてくれたのです。

農業は初体験だそうですが、暑い中、早速戦力になってくれました。

下栗いも 信州の伝統野菜 日本のチロル

伝統野菜を通じて、南信州の魅力を地元の子どもたちに伝えていきたいという想いも常々持っています。 彼の存在は、今後の私の活動のさらなる励みとなりそうです。

下栗いも はんば亭 遠山郷

 

ーー

クボジュン

おいしい信州ふーど(風土)名人/飯田・下伊那伝統野菜部部長

シニア野菜ソムリエ

 

 
シニア野菜ソムリエクボジュンの活動ブログ