シニア野菜ソムリエクボジュンの活動ブログ

信州の伝統野菜に選定されている、長野県飯田市千代地区の「千代ネギ」のパンフレットが完成。

千代ネギの会からご依頼いただき、南信州伝統野菜ソムリエ、長野県から委嘱されているおいしい信州ふーど(風土)名人として、寄稿しました。

千代ネギ 信州の伝統野菜 飯田市

2015年5月発売の『クボジュンが出会った 南信州を彩る伝統野菜』でも、千代ネギを取材し紹介しています。

ふれあい農園おおた 太田いく子

ブランド化に向けて動き出したばかりで、生産も販売体制もこれから整えていく段階ですが、そのスタートアップにお声を掛けていただき光栄です。

私も微力ながらお力になれればと思います。

 
11/22発売『近代食堂』12月号で、東京のイタリアンレストラン・Coulis(クーリ)の折笠シェフが、南信州の伝統野菜「ていざなす」と「清内路かぼちゃ」を紹介してくださいました。
coulis 折笠龍馬 長野県
「ニッポン食材」新・活用術のコーナーで、人気シェフが各地の魅力食材と活用法を紹介する企画です。
10月に綿半銀座ギャラリーで開催した人間ギャラリーでのイベントのお料理に、ていざなすと清内路かぼちゃを使っていただいたところ、シェフが気に入ってくださり、雑誌に掲載する食材として選定していただけることに。
 
私も東京で取材に同席し、伝統野菜の解説をさせていただきました。
近代食堂 ニッポン食材 coulis
折笠シェフは、ていざなすと清内路かぼちゃをオシャレで斬新なスイーツにして紹介してくださり、そのレシピも掲載されています。
近代食堂
http://www.asahiya-jp.com/kindai/
近代食堂 12月号 ニッポン食材 

 

書籍『クボジュンが出会った南信州を彩る伝統野菜』も、発売から約半年が経過しました。

おかげさまで好評で、販売も順調です!

 

このたび11/11付 読売新聞長野県版にて、紹介していただきました。

「ページをめくっていくと、それぞれの土地を自分も訪ね歩いたような気分に。」

まさに手に取っていただいた方が、南信州を旅しているような気分になってもらえたらとの想いも込めて作りました。

なので、この一文はとても嬉しかったです。

 

まだ南信州を訪れたことのない方であっても、私の著書を通じて、南信州を訪れてみたいと思ってもらえたら。

そして、南信州をいずれ訪れた時に「懐かしい」と感じてもられば、この上ない喜びです。

伝統野菜 野菜ソムリエ 長野県

 

毎年恒例、飯田市上久堅小野子地区で栽培される「小野子人参」の収穫祭(現地即売会)が行われました。

 

所属する生産者グループ・小野子人参クラブのメンバーとして参加し、小野子人参をお買い求めにいらした方に振る舞う、根菜汁の調理をお姉さま方と一緒に担当しました。

小野子人参とともに栽培している小野子ごぼうのほか、豪華な根菜汁です。小野子人参 収穫祭 現地即売会

朝から雨が降り、お客様にお越しいただけるのか心配でしたが、雨の中でも途絶えることなく、毎年のリピーターの方をはじめ多くの方が足を運んでくださいました。

小野子人参クラブ 飯田市 上久堅

 
私がシニア野菜ソムリエとしてアドバイザーを務めた、長野県下伊那郡泰阜(やすおか)村の新商品「少量多品種クッキー」が完成!このほどお披露目会を開き、地元紙に取り上げていただきました。


泰阜村産のりんご、ブルーベリー、クルミ、柚餅子をトッピングに使ったオリジナル商品です。
大規模農業には向きませんが、村の標高差を生かし多品種の野菜・果物が栽培できることをウリに、村内の生産者が連携して一つの商品に泰阜村の魅力を詰め込みました。

当面は村内外でのイベントで販売予定で、12月からはネットショップを開設予定。

来年2月には、銀座NAGANOのイベントでも販売予定です。

※10/31付 南信州新聞 泰阜村の生産者の皆さんと
泰阜村 少量多品種クッキー 特産品