シニア野菜ソムリエクボジュンの活動ブログ

南信州生まれの梨「南水(なんすい)」が取り上げられ、私の料理教室を取材していただいた、NHK「うまいッ!」が本日放送されました。

南水梨 JAみなみ信州 長野県

南水は糖度14度で甘みが強く果汁たっぷり。
サクサクした食感が特徴です。

料理教室で紹介した料理は、スタジオで司会のキャイ~ンの天野くんが食べてくれていました。南水梨 チーズ焼き きんとん フリッター

早速レシピが番組HPに掲載されています。
日持ちのする南水だからできるクリスマス・お正月料理です。
http://www6.nhk.or.jp/umai/recipe/recipe.html?rid=88

南水のおいしさ、召し上がってみてくださいね。

【南水に関するお問い合わせは…】

「JAみなみ信州 農産物総合DMセンター」
電話:0265-34-3705
受付時間:月~金 9:00~17:00(土日祝は休み)

番組を見逃した方には朗報!
11月3日(木)15:10~再放送されます。

うまいッ! 南水梨 シニア野菜ソムリエ

南水梨 飯田市 下伊那郡 久保田淳子

今朝の放送後は、知人、友人から放送を見たと、続々と連絡がきています。地元はもちろん、沖縄、愛媛など全国の野菜ソムリエ仲間からも連絡があり、全国放送の反響の大きさを感じています。

中でも嬉しかった感想は、地元の生産者の方からのものでした。

「幸水、豊水、南水と梨の栽培を20年やってきたので、有り難い番組でした。料理はびっくりしました。地元の人は生産関係のことはだいたい分かりますが、料理は地元の皆さんも初めてだったことでしょう」

生産者の方に喜んでいただけたことは、何より嬉しかったです。

今回、私自身も改めて南水の魅力を見直すことができましたし、シニア野菜ソムリエとして、地元の食材を全国に発信することができ、生産者の方、地元の方にも喜んでいただけました。

これからも、食を通じて南信州の魅力を発信していきたいと思います。

今回の撮影に関しては、飯田市に多大なるご協力をいただきました。料理教室の会場として、りんご並木のエコハウスを撮影場所としてご提供いただいたり、料理教室の参加者募集にはじまり、番組の広報をしてくださいました。

皆で連携しながら、南信州を発信していけたらと思います。

 

このたび発刊された、母校・長野県立飯田高校の在京飯田高校同窓会誌『稲穂』2016年第13号に、寄稿させていただきました。

随想『南信州を彩る伝統野菜』と題した内容は、在京の同窓生の皆さまから見て、校歌に「都の塵も通ひ来ぬ」と詠われているほど遠く離れた、懐かしいふるさとの情報だったのではと思います。

早速、取り上げた伝統野菜の地区出身の大先輩より、ご連絡をいただき嬉しく思いました。

飯田高校 在京同窓会 稲穂

南信州を彩る伝統野菜 久保田淳子 飯田高校