シニア野菜ソムリエクボジュンの活動ブログ

南信州生まれの梨「南水(なんすい)」が取り上げられ、私の料理教室を取材していただいた、NHK「うまいッ!」が本日放送されました。

南水梨 JAみなみ信州 長野県

南水は糖度14度で甘みが強く果汁たっぷり。
サクサクした食感が特徴です。

料理教室で紹介した料理は、スタジオで司会のキャイ~ンの天野くんが食べてくれていました。南水梨 チーズ焼き きんとん フリッター

早速レシピが番組HPに掲載されています。
日持ちのする南水だからできるクリスマス・お正月料理です。
http://www6.nhk.or.jp/umai/recipe/recipe.html?rid=88

南水のおいしさ、召し上がってみてくださいね。

【南水に関するお問い合わせは…】

「JAみなみ信州 農産物総合DMセンター」
電話:0265-34-3705
受付時間:月~金 9:00~17:00(土日祝は休み)

番組を見逃した方には朗報!
11月3日(木)15:10~再放送されます。

うまいッ! 南水梨 シニア野菜ソムリエ

南水梨 飯田市 下伊那郡 久保田淳子

今朝の放送後は、知人、友人から放送を見たと、続々と連絡がきています。地元はもちろん、沖縄、愛媛など全国の野菜ソムリエ仲間からも連絡があり、全国放送の反響の大きさを感じています。

中でも嬉しかった感想は、地元の生産者の方からのものでした。

「幸水、豊水、南水と梨の栽培を20年やってきたので、有り難い番組でした。料理はびっくりしました。地元の人は生産関係のことはだいたい分かりますが、料理は地元の皆さんも初めてだったことでしょう」

生産者の方に喜んでいただけたことは、何より嬉しかったです。

今回、私自身も改めて南水の魅力を見直すことができましたし、シニア野菜ソムリエとして、地元の食材を全国に発信することができ、生産者の方、地元の方にも喜んでいただけました。

これからも、食を通じて南信州の魅力を発信していきたいと思います。

今回の撮影に関しては、飯田市に多大なるご協力をいただきました。料理教室の会場として、りんご並木のエコハウスを撮影場所としてご提供いただいたり、料理教室の参加者募集にはじまり、番組の広報をしてくださいました。

皆で連携しながら、南信州を発信していけたらと思います。

 

NHK「うまいッ!」の収録で、9月に南信州生まれの梨「南水(なんすい)」の料理教室を開催しました。

「うまいッ!」は、キャイ~ンの天野くんと武内陶子アナウンサーが司会の全国各地の知られざる逸品農産物を紹介している番組です。

今回は、南水が取り上げられ、南信州唯一のシニア野菜ソムリエで、南信州の食の魅力を発信しているということで、取材の依頼をいただきました。

10月に梨?と思われると思いますが、南水は9月下旬頃に収穫を迎える晩生種で、お歳暮にも利用できる日持ちのする梨なのです。

料理教室には、子どもたちがたくさん参加してくれ、とってもにぎやかで楽しいものになりました。
子どもたちが「おいしい」と言ってくれて、何度もお代わりしてくれる姿には感動!!

大人の方たちからは、果物の南水が料理に変身したことと、そのおいしさに「目から鱗」と反応していただきました。

スタジオ収録では、私のレシピで作った南水料理を、天野くんが食べてくれたようです。

放送後、レシピは番組HPに掲載されます。

南水の魅力をご覧いただけたら嬉しいです。

南水 うまいッ! 久保田淳子 シニア野菜ソムリエ

料理教室参加者の皆さん、取材に来てくれた食材ハンターでタレントの松嶋初音さんと

 

「飯田から世界へメッセージ・未来をつなぐシンポジウム」が、綿半総合研究所の飯田ショールーム・cotton1598で開催されました。

綿半の野原会長、長野県・阿部知事のご挨拶に続き、今回の構想の発案者である煎茶道の中澤弘幸家元から構想についての基調講演がありました。綿半ホールディングス 野原莞爾会長

長野県知事 阿部守一 飯田市

今回の構想は「外国語で日本文化を教える学校を飯田市に作る」というもので、飯田市は人形劇を通じて、フランスのシャルル・ヴィル・メジェールと友好都市提携を結んでいることから、フランス語による構想が提案されました。

煎茶道 中澤弘幸 家元

家元の講演後、参議院議員で日本のこころを大切にする党代表の中山恭子先生が、日本文化とフランス文化のつながりについてご講演くださいました。

中山恭子 飯田市 参議院議員 日本のこころを大切にする党

その後のパネルディスカッション「飯田は、海外への扉が開く激動の時代をどう迎えるのか」では、野原会長、南信スバル㈱社長の柴田さんとともに、パネリストとして登壇させていただきました。

フランス語構想 飯田市 綿半

フランスではないものの、留学の経験、飯田へ戻ってから人形劇のまちづくりに携わったこと、人形劇を通じた国際交流を行ってきたこと、シニア野菜ソムリエの活動を通じてこの地域の魅力を誰よりも感じ胸を張って飯田を好きだと言える立場から、提案や意見を述べさせていただきました。

今の私だからこそできた、私にしかできないお役目だったように思います。リニア時代を迎えるこの飯田で、ワクワクする構想のスタートに関わらせていただいたこと、光栄であり嬉しく思いました。

今回、東京や県外から、飯田にこれだけ一堂に集う機会はなかなかないのではと思うほど、多くのVIPの方がお見えになり、外部の方が飯田での実現を応援してくれています。

前夜の食事会では、今回の応援団の一人としてお越しくださった三國シェフともご一緒させていただきました。

三國シェフ 長屋門桒はら 飯田市

多くの素晴らしい応援団の方たちが揃っていても、私たち地元の人間が本気になって立ち上がらなくては始まりません。まずは一人でも多くの仲間を集めていこうと思います。

ハナブサレザー 木下英幸 シャルル・ヴィル・メジェール

フランス語 シンポジウム 信濃毎日新聞

信濃毎日新聞2016.10.10付

 

私が南信州の現地ライターを担当する、無印良品が運営するサイト「ローカルニッポン」にて、飯田OIDE長姫高校3年の鎌倉朋也君が開設したシェアスペース「桜咲造(さくらさくぞう)」を取材した記事がアップされました。

高校生が開設した地域から愛されるシェアスペース 桜咲造http://localnippon.muji.com/news/2371/

桜咲造 鎌倉朋也 飯田OIDE長姫高校

引き続き、地域で頑張る人たちをさまざまな形で応援していけたらと思います。

ーーー

ローカルニッポンとは…

地域の未来を紡ぐ取り組みと人々に焦点をあて、地域活性化の取り組みや地域活性化に取り組んでいる人を取り上げて、紹介していくものです。

今後も南信州の現地ライターとして、定期的に南信州の取り組みを紹介させていただきます。他地域にはない、南信州ならではの地域づくりに取り組んでいる人や団体、活動について、クボジュンまで情報をお寄せいただけましたら幸いです。※必ずしも掲載をお約束するものではありませんので、予めご了承ください。

 

このたび発刊された、母校・長野県立飯田高校の在京飯田高校同窓会誌『稲穂』2016年第13号に、寄稿させていただきました。

随想『南信州を彩る伝統野菜』と題した内容は、在京の同窓生の皆さまから見て、校歌に「都の塵も通ひ来ぬ」と詠われているほど遠く離れた、懐かしいふるさとの情報だったのではと思います。

早速、取り上げた伝統野菜の地区出身の大先輩より、ご連絡をいただき嬉しく思いました。

飯田高校 在京同窓会 稲穂

南信州を彩る伝統野菜 久保田淳子 飯田高校