プロフィールシニア野菜ソムリエとクボジュンの想いお仕事内容講演実績活動ブログメディア関連お知らせスケジュール
旬のレシピおいしい信州ふーど名人

シニア野菜ソムリエクボジュンの活動ブログ

このたび、「事業構想大学院大学 飯田市プロジェクト研究」の研究員に選抜していただきました。
事業構想大学院大学 飯田市 高等教育
今週から週イチのペースで、来年3月までの日程で行われます。
来春に伝統野菜の本の出版を控え、今冬は執筆活動、年内にシニア野菜ソムリエの資格更新のための活動レポート提出、年明けは確定申告と、多忙を極めるのは必至、それでもどうしても応募したかった訳。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここ飯田下伊那には4年制大学がありません。
中学生の頃から、大学へ進学して都会へ出ていくことしか考えていませんでした。
地元へは戻ってくるつもりも全くなく。
そんな私が、会社勤めを辞め、自己実現と南信州の地域活性化を目指して、野菜ソムリエを職業として起業し、現在、食を通じた地域活性化に取り組んでいます。
大学卒業後、飯田市へ戻り、「いいだ人形劇フェスタ」のボランティアなど、まちづくりに携わりました。
地域を盛り上げようとする熱い想いを持った方たちとご一緒する中で、私自身も生まれ育った地元のために何かしたいと思うようになっていきます。
自分に何ができるのか模索していた時、野菜ソムリエの資格を取得。
勉強にのめり込むうちに、この野菜ソムリエの資格と、この地域のおいしい農産物を通じて、地域活性化につなげられるのではと思うようになり、活動をはじめ今に至ります
しかし、地域活性化を事業に掲げ起業したものの、専門的なことを学んだわけでもなく、この地域の魅力や可能性を活性化につなげたいという情熱は誰にも負けない自負はあるものの、ベースとなる知識や能力が不足していることを実感し、何度も壁にぶつかってきました。
今の事業を続けながら勉強できないものかと、信州大学の「地域プロフェッショナル・ゼミ」への応募も検討しましたが、私の受講したい地域活性化のコースは、片道3時間かかる長野市のキャンパスが会場だったため、目の前の仕事もあり、毎週通うことを考えると現実的でなく、応募を諦めざるをえませんでした。
その直後、今回のプロジェクト研究の募集が発表されました。
本来であれば東京でなければ学べないものを、ここ飯田にいながらにして学べる機会とあり、陸の孤島にあってこれまで諦めてきたことがまさに今、叶います。
ここ飯田で高等教育を受けられる喜びをかみしめながら、13年後のリニア中央新幹線の開通を見据え、今自分が思い描いている事業構想を実現に近づけられるよう、全力で取り組みたいと思います。

クボジュン

食の地域活性化プロデューサー/南信州伝統野菜コンシェルジュ

 

クボジュンfacebookページ

https://www.facebook.com/kubojunyasai

 
 

【お知らせ】

7年間の活動をつづった初の書籍
『クボジュンが出会った 南信州を彩る伝統野菜』
発売中。長野県知事も推薦!!

☆長野県内取り扱い書店一覧
☆クボジュンfacebookページ
https://www.facebook.com/kubojunyasai/